映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ISOLA 多重人格少女

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

他人の感情が読めるエンバスという特殊な能力を持っているが故に、家族からも見放され孤独な日々を送っていた由香里(木村佳乃)。自分探しの為に阪神・淡路大震災で被災した人たちの心のケアのボランティア活動に参加した彼女は、そこで多重人格障害を持つ高校生・千尋(黒澤優)と出会う。千尋には交通事故で両親を失った体験や養父である叔父から受けた性的虐待などが原因で13人の人格が宿っており、その中のひとり・ISOLAが他の12人の人格を支配しようとしていた。そんな彼女を巡って、奇妙な死亡事故が多発する。人々は彼女の生き霊の仕業だと噂したが、由香里はISOLAとの関連性を疑った。そんな矢先、彼女は西宮大学で幻覚剤を用いて幽体離脱の実験を行っていた高野弥生という研究者の存在を知る。早速、大学を訪ね弥生(渡辺真起)の講師で恋人でもあった真部に接触した由香里は、弥生が実験中に地震に見舞われ死亡していたことを聞かされる。どうやら、弥生の魂は帰るべき体を失ったが為に千尋に宿り、ISOLAとなって彼女の体を操っていたのだ。そんな弥生の魂に、自分の体を提供することを誓う真部。だが、彼の体に弥生の魂が宿った直後、彼は研究室の窓から身を投げ弥生共々命を絶ってしまうのだった。それから一年後、由香里は千尋を病院に訪ねた。そこには、人格統合への良い兆しを見せ始めた千尋の姿があった。



■解説

多重人格障害の女子高校生を巡って起こる不可思議な事件の真相に迫るサスペンス・ホラー。監督は「セカンドチャンス」の水谷俊之。第3回日本ホラー大賞長編佳作に選ばれた貴志祐介による『十三番目の人格 ISOLA』を基に、水谷監督と「金融腐蝕列島[呪縛]」の木下麦太が共同脚色。撮影を「アンラッキー・モンキー」の栗山修司が担当している。出演は、「失楽園」の木村佳乃と故黒澤明監督の孫娘で、第2回ミス東京ウォーカーのグランプリ受賞を経て映画初出演となった黒澤優。

  • 2000年1月22日 より

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2000)

■スタッフ

監督 水谷俊之 (ミズタニトシユキ)
脚色 水谷俊之 (ミズタニトシユキ) 木下麦太 (キノシタムギタ)
脚本補 桑原あつし (クワバラアツシ) 畑島ひろし (ハタジマヒロシ)
原作 貴志祐介 (キシユウスケ)
エグゼクティブプロデューサー 原正人 (ハラマサト)
プロデューサー 山田俊輔 (ヤマダシュンスケ) 井上文雄 (イノウエフミオ)
撮影 栗山修司 (クリヤマシュウジ)
美術 稲垣尚夫 (イナガキヒサオ) 福澤勝広 (Katsuhiro Fukuzawa)
音楽 デビッド・マシューズ 見良津建雄 (ミラツタケオ)
音楽プロデューサー 浅沼一郎 (アサヌマイチロウ) 安井輝 (ヤスイシン)
主題歌 氷室京介 (ヒムロキョウスケ)
録音 山田均 (ヤマダヒトシ)
音響効果 佐々木英世 (ササキヒデヨ)
照明 豊見山明長 (トミヤマメイチョウ)
編集 高橋信之 (タカハシノブユキ)
装飾 湯澤幸夫 (ユザワユキオ)
衣裳 深野明美 (フカノアケミ)
スタイリスト 西ゆり子 (ニシユリコ)
製作担当 木次谷良助 (キジタニリョウスケ)
助監督 城本俊治
スクリプター 坂本希代子 (サカモトキヨコ)
スチール 原田大三郎 (Daisaburo Harada)
ビジュアル・エフェクト 松本肇 (マツモトハジメ) 杉木信章 (スギキノブアキ)
特殊造形 松井祐一 (Yuuichi Matsui) 福田雅朗 (フクダマサロウ) 三好史洋 (ミヨシノリヒロ) 大塚章生 (オオツカアキオ) 香々美友貴 (カガミユウキ) 小此木謙一郎 (オコノギケンイチロウ)

■キャスト

俳優名 役名
木村佳乃 (Kimura Yoshino)  賀茂由香里
黒澤優 (クロサワユウ)  森谷千尋
石黒賢 (Ken Ishiguro)  真部和彦
手塚理美 (Tezuka Satomi)  野村浩子
渡辺真起子 (ワタナベマキコ)  高野弥生
山路和弘 (ヤマジカズヒロ)  森谷竜郎
しみず霧子 (シミズキリコ)  森谷依子
寺島進 (Susumu Terajima)  前園勝美
田口育美 (ダクチイクミ)  大村茜
室田日出男 (ムロタヒデオ)  老人
下元史朗 (シモモトシロウ)  被災者
木下ほうか (Hoka Kinoshita)  宮下
広岡由里子 (ヒロオカユリコ)  木島
伊藤洋三郎 (イトウヨウザブロウ)  同僚教師

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!