映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • さくら隊散る

昭和20年8月6日、広島で原爆のため命を落とした移動演劇隊「櫻隊」の九人の足跡を再現ドラマと縁の人々の証言で描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東京・目黒の天恩山五百羅漢寺には「移動演劇さくら隊原爆殉難碑」があり、毎年8月6日の原爆忌には故人と縁のあった人々が集まって追悼を行っている。櫻隊の前身は昭和17年に誕生した苦楽座で、20年に櫻隊と改名し、演劇活動を続けていた。隊長は丸山定夫、事務局長は槙村浩吉、隊員に池田生二、高山象三、園井恵子、仲みどり、島木つや子、羽原京子、森下彰子、小宮喜代、笠絅子がいた。同年7月15日、当時は日本全国が空襲にあっており、櫻隊は広島に滞在。仲間のうち池田は家族が被災して沼津へ行っており、槙村は隊員補充のため帰京していた。結局、残り九人が8月6日、原爆の被害にあった。



■解説

江津萩枝原作のルポルタージュ『櫻隊全滅』の映画化で、脚本・監督は「ハチ公物語」(脚本のみ)の新藤兼人、撮影は、「落葉樹」の三宅義行がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1988)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー

■スタッフ

監督 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
脚本 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
原作 江津萩枝 (エヅハギエ)
企画 能登節雄 (ノトセツオ) 池田生二 (イケダセイジ)
製作 日高宗敏 (ヒダカムネトシ) 高島道吉 (タカシマミチヨシ)
プロデューサー 溝上潔 新藤次郎 (シンドウジロウ)
撮影 三宅義行 (ミヤケヨシユキ)
美術 重田重盛 (シゲタシゲモリ)
音楽 林光 (ハヤシヒカリ)
録音 永峯康弘 (ナガミネヤスヒロ)
照明 山下博 (ヤマシタヒロシ)
編集 近藤光雄 (コンドウミツオ)
助監督 金高謙二 (カネタカケンジ)
スチール 金子哲也 (カネコテツヤ)

■キャスト

俳優名 役名
古田将士 (フルタマサシ)  丸山定夫
未来貴子 (ミキタカコ)  園井恵子
八神康子 (ヤガミヤスコ)  仲みどり
川島聡互 (カワシマソウゴ)  高山象三
竹井三恵 (タケイミエ)  島木つや子
水野なつみ (ミズノナツミ)  森下彰子
元松功子   羽原京子
北川真由美 (キタガワマユミ)  小室喜代
坂上和子 (サカガミカズコ)  笠絅子
及川いぞう (Izo Oikawa)  槙村浩吉
川道信介 (カワミチシンスケ)  池田生二
内堀和晴   八田元夫
黒川博之 (クロカワヒロユキ)  赤星勝美
大林隆介 (Ryusuke Obayashi)  乃木年雄
石川裕見子 (イシカワユミコ)  沢道子
小坂井秀行   藤堂
岩倉高子 (イワクラタカコ)  中井夫人
江藤漢 (エトウカン)  羽原の父
上杉二美 (ウエスギフタミ)  羽原の母
広瀬昌助   散髪屋
清水一男 (シミズカズオ)  太田怜
内田正樹 (ウチダマサキ)  清水善夫
乙羽信子 (Otowa Nobuko)  ナレーター
千田是也 (センダコレヤ)  証言者
滝沢修 (Osamu Takizawa)  証言者
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)  証言者
宇野重吉 (Jukichi Uno)  証言者
松本克平 (マツモトカッペイ)  証言者
嵯峨善兵 (Zenpei Saga)  証言者
浜村純 (ハマムラジュン)  証言者
槙村浩吉   証言者
池田生二 (イケダセイジ)  証言者
倉田地三 (クラタ)  証言者
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)  証言者
乃木年雄 (ノギトシオ)  証言者
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)  証言者
河原崎国太郎 (カワラサキクニタロウ)  証言者
山本安英 (ヤマモト)  証言者
杉村春子 (スギムラハルコ)  証言者
利根はる恵 (トネハルエ)  証言者
葦原邦子 (アシハラクニコ)  証言者
桜緋紗子 (サクラヒサコ)  証言者
内海明子 (ウツミアキコ)  証言者
有馬智寿 (アリマ)  証言者
日高宗敏 (ヒダカムネトシ)  証言者
丸山由利亜 (マルヤマユリア)  証言者
赤星勝美 (アカボシカツミ)  証言者
清水善夫 (シミズヨシオ)  証言者
太田怜 (オオタレイ)  証言者
神田泰雄 (カンダヤスオ)  証言者
桑原経重 (クワハラ)  証言者
木上ヌイ   証言者
江津萩枝 (エヅハギエ)  証言者

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!