映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 沙羅の門

水上勉の同名小説を「卍(まんじ)(1964)」の新藤兼人が脚色「僕はボデイガード」の久松静児が監督した文芸もの

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

京都八坂神社の一寺に下宿して女子大に通う千賀子は、子供が出来たことを知ると、恋人橋田に話したが冷たく拒絶され、強いショックを受けた。だが姉のように慕う義母八千代の好意で、千賀子は無事中絶を終えた。八千代は戦争未亡人であったが、昌福寺の千賀子の父承海と再婚し、年令の開きも、禅宗のしきたりで正式に妻の座につけないことも苦にせず、承海につとめる善良な女であった。そして八千代は、この山門に沙羅の花が匂う、昌福寺で女盛りを迎えたのだった。沙羅の花の甘い匂いをかぐと、全身が欲情にうずくとは、八千代が千賀子によく語る言葉であった。そんな八千代を承海は心から愛していた。一方回復した千賀子は夏休みのアルバイトで、銀行員剣山仙吉と知り会い、深い交際に入っていった。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)



■解説



  • 配給:-
  • 製作国:日本(1964)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 久松静児 (Seiji Hisamatsu)
脚色 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
原作 水上勉 (ミズカミツトム)
製作 寺本忠弘 (テラモトタダヒロ)
撮影 梁井潤
美術 加藤雅俊 (カトウマサトシ)
音楽 崎出伍一
録音 鴛海晄次
照明 下村一夫 (シモムラカズオ)
編集 庵原周一 (Shuichi Anbara)
助監督 高野昭二
スチル 田中一清 (タナカカズキヨ)

■キャスト

俳優名 役名
団令子 (ダンレイコ)  千賀子
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)  八千代
森繁久彌 (Hisaya Morisige)  承海
加藤治子 (カトウハルコ)  さだ子
菅井きん (スガイキン)  お徳
木村功 (キムライサオ)  剣山仙吉
船戸順 (フナトジュン)  橋田
加藤春哉 (カトウハルヤ)  憲泰
遠藤辰雄 (エンドウタツオ)  圭念院
細谷清 (ホソヤキヨシ)  恭順
ヤシロセブン   紋吉
山田佳子 (ヤマダケイコ)  八重
頭師孝雄 (ズシタカオ)  酒屋の小僧

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!