映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 遠い雲

「二十四の瞳(1954)」の木下恵介が「美わしき歳月」の松山善三と共同脚色し、木下恵介が監督した作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

林野庁に勤める石津圭三は、北海道転勤のため、休暇をもらって東京から故郷の高山に帰って来た。彼は土地の酒屋豪商石津家の息子で、かつて同じ酒屋の娘寺田冬子と初恋の仲だったが、冬子は一寸した金のために市会議員の息子寺田敏彦と結婚、その上夫に死なれて一人娘絹子をかかえ、裕福な婚家に毎日を過していた。駅からの帰途冬子の妹野島時子に会った圭三は昔の想い出に胸迫り、昔冬子から借りたジイドの「窄き門」を手に深い吐息をもらした。そして翌日敏彦の命日、墓前で圭三は図らずも冬子に再会した。だが冬子の義弟の俊介が現われたので言葉少く別れた。



■解説

「二十四の瞳(1954)」の木下恵介が「美わしき歳月」の松山善三と共同脚色し、木下恵介が監督、「ママ横をむいてて」の楠田浩之が撮影を担当する。主なる出演者は「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」の高峰秀子、「花嫁はどこにいる」の佐田啓二、「修禅寺物語」の高橋貞二、「東京−香港 蜜月旅行」の中川弘子、「美わしき歳月」の小林トシ子、そのほか田村高廣、石浜朗など。なおこれは「初恋」を改題したもの。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1955)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 木下惠介 (Keisuke Kinoshita)
脚本 木下惠介 (Keisuke Kinoshita) 松山善三 (マツヤマゼンゾウ)
製作 久保光三 (クボコウゾウ)
撮影 楠田浩之 (クスダヒロユキ)
美術 平高主計
音楽 木下忠司 (キノシタタダシ)
録音 大野久男 (オオノヒサオ)
照明 豊島良三

■キャスト

俳優名 役名
高峰秀子 (Takamine Hideko)  寺田冬子
佐田啓二 (サダケイジ)  寺田俊介
高橋貞二 (タカハシテイジ)  石津幸二郎
田村高廣 (Takahiro Tamura)  石津圭三
中川弘子 (ナカガワヒロコ)  石津貴恵子
岡田和子 (オカダカズコ) 
市川春代 (イチカワハルヨ)  お次
石浜朗 (イシハマアキラ)  良一
小林トシ子 (コバヤシトシコ)  野島時子
井川邦子 (イガワクニコ)  冬子の姉
坂本武 (サカモトタケシ)  父弥吉
夏川静江 (ナツカワシズエ)  母お市
柳永二郎 (ヤナギエイジロウ)  寺田惣之助
植木マリ子 (ウエキマリコ)  冬子の子供
三木隆 (ミキタカシ)  北村
田浦正巳 (タウラマサミ)  松本(赤帽)
桂木洋子 (カツラギヨウコ)  芸者千成
明石潮 (アカシウシオ)  寺田屋の番頭

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!