映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ザ・ウォード/監禁病棟

  • R-15

ジョン・カーペンター監督が描く、衝撃のショッキング・サイコ・ホラー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1959年。20歳のクリステンは、放火の罪で特に異常のある者のみを収容する監禁病棟へと送られる。そこには同じような境遇の少女が4人。自分だけは正常だと信じていたクリステンだったが、担当医のカウンセリングを受けた結果、ほとんどの記憶を失っていることに気づく。不安を抱えたまま迎えた夜、クリステンは病棟の廊下を歩くおぞましい顔をした少女の姿を目撃する。この病棟には看護師でもなく、患者でもない何か別の存在がいる……。そして消えていく少女たち。クリステンは必死の思いで病棟から脱出を試みるが、やがて彼女自身想像し得なかった恐ろしいまでの真実に直面する。



■解説

『ハロウィン』『遊星からの物体X』でホラー、SFの金字塔を打ちたてた鬼才ジョン・カーペンター監督。『ゼイリブ』『ザ・フォッグ』『ニューヨーク1997』『マウス・オブ・マッドネス』など挑戦的なテーマを扱い、画期的なビジュアルエフェクトや自らプロデュースするサウンドを巧みに操り、映画史に数多の軌跡を残してきた。2002年の『ゴースト・オブ・マーズ』から7年の時を経て沈黙を破る、ショッキング・サイコ・ホラー。主演は、『ゾンビランド』『スモーキング・ハイ』に出演し、『ドライブ・アングリー3D』でヒロインを務めたアンバー・ハード。そのほか、ダニエル・バナベイカー、メイミー・ガマー、リンジー・フォンセカ、ローラ・リー、ミカ・ブーレムなど若手気鋭女優が総出演している。(作品資料より)

  • 2011年9月17日 より 銀座シネパトスほか全国にて順次公開

  • 配給:ショウゲート
  • 製作国:アメリカ(2011)
    • ジャンル:
    • ホラー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジョン・カーペンター (John Carpenter)
脚本 マイケル・ラスムッセン (Michael Rasmussen) ショーン・ラスムッセン (Shawn Rasmussen)
製作総指揮 デイヴィッド・ロジャース (David Rodgers) アダム・ベタリッジ (Adam Betteridge) リッチ・コーワン (Rich Cowan)
製作 ダグ・マンコフ (Doug Mankoff) ピーター・ブロック (Peter Block) マイク・マーカス (Mike Marcus) アンドリュー・スポールディング (Andrew Spaulding)
撮影 ヤーロン・オーバック (Yaron Orbach)
美術 ポール・ピーターズ (Paul Peters)
音楽 マーク・キリアン (Mark Kilian)
編集 パトリック・マクマーン (Patrick McMahon)
特殊メイク グレゴリー・ニコテロ (Gregory Nicotero) ハワード・バーガー (Howard Berger)

■キャスト

俳優名 役名
アンバー・ハード (Amber Heard)  Kristen
メイミー・ガマー (Mamie Gummer)  Emily
ダニエル・パナベイカー (Danielle Panabaker)  Sarah
ローラ=リー (Laura-Leigh)  Zoey
リンジー・フォンセカ (Lyndsy Fonseca)  Iris
ミカ・ブーレム (Mika Boorem)  Alice
ジャレッド・ハリス (Jared Harris)  Dr. Stringer

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!