映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アメイジング グレイス〜儚き男たちへの詩〜

ヤクザの道を選んだ少年たちの、不器用な絆の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

関東地方にある小都市、城南市。この町で育った蓮、大成、秀人、慎哉、祐亮の若者は、暴走族「城南一家」の二十六代目メンバーだった。大成には母と祖父がおり、家族の愛が当たり前にあった。一方、母親を幼い頃に亡くした蓮の父と兄はヤクザ。小さい頃から親友同士だった二人には、埋めがたいギャップがあった。そんなある日、メンバーのひとり、秀人が事故死する。やがて蓮は暴走族を引退すると、ヤクザの道へと進んでいく…。



■解説

暴走族のメンバーとして固い絆で結ばれた5人の不良少年たちの友情を描いた本作は、クライムサスペンスとヒューマンドラマの要素を併せ持ち、少年たちが大人へと成長していく過程での蹉跌と追憶を描いた青春映画だ。兄弟のように成長し、大人になるにつれ進む道が違っていく幼なじみ同士を、窪塚俊介(『ガチバン』シリーズ)と宮田大三(『喧嘩の極意』シリーズ)が熱演している。監督は『ほしのふるまち』など、青春ものを得意とする川野浩司。作品の大半を占める夜のシーンに登場する「東京タワー」と「新宿歌舞伎町」の“光と闇”が効果的に挿入され、さらに主人公二人を見守るヒロイン役の神田沙也加が唄う“アメイジング・グレイス”が心に響く。

  • 2011年8月13日 より シネマート六本木ほか全国にて順次公開

  • 配給:グアパ・グアポ
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 川野浩司 (カワノコウジ)
脚本 白川蓮 (シラカワレン)
原作 白川蓮 (シラカワレン)
製作総指揮 久保和明 (クボカズアキ)
プロデューサー 久保和明 (クボカズアキ) 佐伯寛之
撮影 田宮建彦
美術 井上心平 (イノウエシンペイ)
音楽 西ヶ谷元紀 (ニシガヤモトキ) 松岡大祐 (マツオカダイスケ)
主題曲/主題歌 神田沙也加 (カンダサヤカ)
録音 中川究矢 (ナカガワキュウヤ)
音響効果 渋谷圭介 (シブヤケイスケ)
照明 南園智男
衣裳/スタイリスト 吉田実穂 (ヨシダミホ)
ヘアメイク 大内聖子
キャスティング 綿引近人
製作担当 高瀬博行 (タカセヒロユキ)
助監督 亀谷英司 (カメタニエイジ)
SFX/VFX/特撮 田村亮

■キャスト

俳優名 役名
窪塚俊介 (Shunsuke Kubozuka)  片桐蓮
宮田大三 (ミヤタダイゾウ)  宮城大成
神田沙也加 (カンダサヤカ)  清水雫
鎌苅健太 (カマカリケンタ)  藤田秀人
粟島瑞丸 (アワシマズイマロ)  高崎慎哉
上吉原陽 (カミヨシハラヨウ)  大林裕亮
大嶋宏成 (オオシマヒロナリ)  安藤憂吾
畑山隆則 (ハタケヤマタカノリ)  吉永渉
宮地真緒 (Miyaji Mao)  藤田理紗
折山みゆ (オリヤマミユ)  なな
永山たかし (ナガヤマタカシ)  相田ヒロシ
加藤沙耶香 (カトウサヤカ)  音大生
吉木りさ (ヨシキリサ)  音大生
大嶋記胤 (オオシマノリツグ)  清水
佐藤貢三 (サトウコウゾウ)  黒崎英司
諏訪太朗 (スワタロウ)  松井おさむ
鳥肌実 (トリハダミノル)  田崎
ベンガル (Bengaru)  片桐司
渋川清彦 (シブカワキヨヒコ)  片桐京介
美保純 (Miho Jun)  宮城小百合

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!