映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ドラゴン・タトゥーの女

  • R-15

大ベストセラーをD・フィンチャーが映像化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。40年前に起きた、彼が最も愛情をかけていた16歳の娘ハリエットの失踪事件の謎を解く事だ。やがて彼の助手として情報収集能力に長けた天才的ハッカーの“ドラゴン・タトゥーの女”、リスベットが加わる。そして2人は、一族の忌まわしい過去を知る事になる。



■解説

世界的なベストセラーを記録したスウェーデン発のミステリー「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」は、まずスウェーデンで映画化され大ヒット。そして『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』の監督デヴィッド・フィンチャーを起用し、ハリウッドでリメイク。40年前に起きた少女失踪事件を追うのは警察でも探偵でもなく、オピニオン誌の発行者。そんな彼とコンビを組むのが、女性ハッカー。少年のようにやせた体にピアスとタトゥーをし、後見人が必要な社会不適合者だが、優れた能力を持っているという異色キャラ。少女失踪事件が未解決の猟奇殺人事件に結びついていくあたりは、D・フィンチャーの得意とするところ。本作は、シリーズ3部作の第1部なので、今後の展開にも期待大だ。

  • 2012年2月10日 より TOHOシネマズ日劇ほか全国にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2011)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 デヴィッド・フィンチャー (David Fincher)
脚本 スティーヴン・ゼイリアン (Steven Zaillian)
原作 スティーグ・ラーソン (Stieg Larsson)
製作 スコット・ルーディン (Scott Rudin)
撮影 ジェフ・クローネンウェス (Jeff Cronenweth)
美術 ドナルド・グライアム・バート (Donald Graham Burt)
音楽 トレント・レズナー (Trent Reznor) アッティカス・ロス (Atticus Ross)
編集 カーク・バクスター (Kirk Baxter) アンガス・ウォール (Angus Wall)
衣裳 トリッシュ・サマービル (Trish Summerville)

■キャスト

俳優名 役名
ダニエル・クレイグ (Daniel Craig)  Mikael Blomkvist
ルーニー・マーラ (Rooney Mara)  Lisbeth Salander
クリストファー・プラマー (Christopher Plummer)  Henrik Vanger
スティーヴン・バーコフ (Steven Berkoff)  Frode
ステラン・スカルスガルド (Stellan Skarsgard)  Martin Vanger
ヨリック・バン・バーヘニンゲン (Yorick van Wageningen)  Bjurman
ロビン・ライト (Robin Wright)  Erika Berger
ゴラン・ヴィシュニック (Goran Visnjic)  Armansky
ジェラルディン・ジェイムズ (Geraldine James)  Cecilia
ジョエリー・リチャードソン (Joely Richardson)  Anita Vanger
インガ・ランドグレー (インガランドグレー)  Isabella
マッツ・アンデルソン (Mats Andersson)  Nilsson
エバ・フリトヨフソン (Eva Fritjofson)  Anna
ドナルド・サンプター (Donald Sumpter)  Detective Morell
エロディ・ユング (Elodie Yung)  Miriam Wu
ジョセフィン・スプランド (Josefin Asplund)  Pernilla
エンベス・デイヴィッツ (Embeth Davidtz)  Annika
ウルフ・フリバーグ (Ulf Friberg)  Wennerstrom
ベント・カールソン (Bengt C.W. Carlsson)  Palmgren
ペル・マイヤーバーグ (Per Myrberg)  Harald

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!