映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ALWAYS 三丁目の夕日'64

子供達に旅立ちの時が…人気シリーズ第3弾

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

昭和39年。三丁目の住民たちは皆、オリンピック開催を楽しみにしていた。鈴木オートの社長、則文も大きなカラーテレビを買い、近所の人を集めて得意顔だ。長男の一平のエレキギターには頭が痛いが、従業員の六子は仕事の腕をめきめきと上げ、一家は順風満帆に見えた。そんな時、六子に思いを寄せる男性が現れた。六子が火傷で治療を受けた病院の医師、菊池だ。しかし、菊池には悪い噂があった…。



■解説

今や国民的映画となった「ALWAYS」シリーズ。その三作目となる本作は、時代は東京タワー完成後の昭和39年。オリンピックに浮き立つ日本を背景に、三丁目で育った子供たちのそれぞれの旅立ちを描く。自動車修理会社、鈴木オートの長男・一平は、加山雄三に憧れてギターをかき鳴らす夢見がちなガキ大将。売れない作家、茶川竜之介とヒロミを親代わりに育った淳之介は、茶川と同じ文学に憧れ、そして六ちゃんは仕事と恋の間で揺れ…。三作目ともなると、登場人物は懐かしい友達のよう。友人の家を訪ねるような気持ちで楽しんで欲しい。出演は、吉岡秀隆、堤真一、小雪、掘北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太ほか。監督は1作目からの山崎貴。

■スタッフ

監督 山崎貴 (Takashi Yamazaki)
脚本 山崎貴 (Takashi Yamazaki) 古沢良太 (コサワリョウタ)
原作 西岸良平 (サイガンリョウヘイ)
エグゼクティブプロデューサー 阿部秀司 (アベシュウジ) 奥田誠治 (オクダセイジ)
製作 宮崎洋 (ミヤザキヒロシ) 加太孝明 (カタタカアキ) 亀井修 (カメイオサム) 平井文宏 (ヒライフミヒロ) 市川南 (イチカワミナミ) 服部洋 (ハットリヒロシ) 弘中謙 (ヒロナカケン) 阿部秀司 (アベシュウジ) 大橋善光 島村達雄 (シマムラタツオ)
プロデューサー 安藤親広 (アンドウチカヒロ) 高橋望 (タカハシノゾミ) 飯沼伸之 (イイヌマノブユキ)
Co.プロデューサー 守屋圭一郎 (モリヤケイイチロウ) 大村信
協力プロデューサー 山際新平 (ヤマギワシンペイ)
撮影 柴崎幸三 (シバザキコウゾウ)
美術 上條安里 (ジョウジョウアンリ)
装飾 龍田哲児 (タツタテツジ)
音楽 佐藤直紀 (サトウナオキ)
録音 鶴巻仁 (ツルマキヒトシ)
音響効果 柴崎憲治 (シバザキケンジ)
照明 水野研一 (ミズノケンイチ)
編集 宮島竜治 (ミヤジマリュウジ)
アソシエイト・プロデューサー 小出真佐樹 (コイデマサキ) 沢辺伸政 (サワベノブマサ)
ライン・プロデューサー 竹内勝一 (タケウチショウイチ)
制作担当 阿部豪
助監督 川村直紀 (カワムラナオキ)
VFX 山崎貴 (Takashi Yamazaki)
VFXディレクター 渋谷紀世子 (シブヤキヨコ)
特別出演 三浦友和 (Tomokazu Miura)

■キャスト

俳優名 役名
吉岡秀隆 (Hidetaka Yoshioka)  茶川竜之介
堤真一 (Shinichi Tsutsumi)  鈴木則文
小雪 (Koyuki)  茶川ヒロミ
堀北真希 (Maki Horikita)  星野六子
もたいまさこ (Masako Motai)  大田キン
薬師丸ひろ子 (Hiroko Yakushimaru)  鈴木トモエ
須賀健太 (Kenta Suga)  古行淳之介
小清水一揮 (コシミズカズキ)  鈴木一平
マギー (マギー)  丸山
温水洋一 (Yoichi Nukumizu)  吉田
神戸浩 (カンベヒロシ)  郵便配達
飯田基祐 (イイダキスケ)  中島巡査
ピエール瀧 (ピエールタキ)  アイスキャンディー屋
蛭子能収 (エビスヨシカズ) 
正司照枝 (ショウジテルエ) 
森山未來 (Mirai Moriyama)  菊池孝太郎
大森南朋 (Nao Omori)  富岡
高畑淳子 (Atsuko Takahata)  奈津子
米倉斉加年 (Masakane Yonekura)  茶川林太郎
染谷将太 (Shota Sometani)  ケンジ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!