映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 化石

不治の病にかかり死を宣告された男が、ヨーロッパを旅しながら新めて生と死を見つめ直す

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

一鬼建設社長の一鬼太治平は、仕事一筋に生き、男手一つで育て上げた二人の娘を嫁がせ、生まれて初めて仕事を離れ社員の船津を連れて保養のためにヨーロッパへ旅立った。ある日、パリでふと美貌の日本女性と出会ったが、話しかけることもなく通り過ぎた。その女性が、ヨーロッパ支社のパーティの席上、マルセラン夫人であることを知った。一鬼は体の異変に気づき船津の勧めもあり、医者に診てもらった。数日後、船津あてに、病院から診断の結果を知らせてきたが、一鬼は自分を船津だと偽って聞いた。癌だった。



■解説

不治の病にかかり死を宣告された男が、ヨーロッパを旅しながら新めて生と死を見つめ直す、という井上靖の同名小説をテレビ・ドラマ化し、映画に再編集した作品。脚本は稲垣俊と、よしだたけし、監督は「いのちぼうにふろう」の小林正樹、撮影は「吾輩は猫である」の岡崎宏三がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1975)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 小林正樹 (Masaki Kobayashi)
脚本 稲垣俊 (イナガキシュン) よしだたけし
原作 井上靖 (イノウエヤスシ)
製作 佐藤正之 (サトウマサユキ) 岸本吟一 (キシモトギンイチ)
撮影 岡崎宏三 (Kozo Okazaki)
音楽 武満徹 (Toru Takemistu)
録音 奥山重之助 (オクヤマ)
照明 大西美津男 (オオニシミツオ)
編集 浦岡敬一 (Keiichi Uraoka)
助監督 小笠原清 (オガサワラキヨシ)
ナレーション 加藤剛 (Go Kato)

■キャスト

俳優名 役名
佐分利信 (Shin Saburi)  一鬼太治平
小川真由美 (オガワマユミ)  長女・朱子
長谷川哲夫 (ハセガワテツオ)  その夫
栗原小巻 (Komaki Kurihara)  次女・清子
早川純一   その夫
杉村春子 (スギムラハルコ)  一鬼の義母
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)  一鬼の弟・泰助
岸惠子 (Keiko Kishi)  マルセラン夫人
岸惠子 (Keiko Kishi)  喪服の同伴者
井川比佐志 (Hisashi Igawa)  船津
山本圭 (Kei Yamamoto)  岸昭彦
佐藤オリエ (サトウオリエ)  その妻
宇野重吉 (Jukichi Uno)  矢吹辰平
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)  須波耕太
小山源喜 (Genki Koyama)  堀川大六
神山繁 (Shigeru Koyama)  木原
近藤洋介 (コンドウヨウスケ)  城崎
滝田裕介 (タキタユウスケ)  一鬼建設専務
稲葉義男 (イナバヨシオ)  パリ駐在商社員
三戸部スエ (ミトベスエ)  一鬼家の女中

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!