映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ツリー・オブ・ライフ

今年度のカンヌ最高賞受賞! ブラッド・ピットが父を、ショーン・ペンが息子を演じた超話題作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

若い頃に弟に死なれたジャックは、仕事で成功し中年にさしかかった今も、子ども時代のトラウマに囚われていた。1950年代半ば、中央テキサスの田舎町で暮らしていた10代のジャック。夢のように美しい風景に包まれていながら、彼の生活は、強権的な父親に完全に支配されていた。「男が成功するためには、なによりも力が必要」と信じ、自分の信念を息子たちに叩き込もうとする父親。我が子に無償の愛を注ぎ続ける聖母のごとき母親。そんな相反する両親に挟まれ、翻弄されるうち、幼かった少年はやがて純真さを失い、そんな自分に傷ついていく…。時が経っても痛みを伴う回想の中で、ジャックは心の平安にたどりつけるのか?



■解説

監督作は『地獄の逃避行』『天国の日々』『シン・レッド・ライン』、そして『ニュー・ワールド』の4作品のみという寡作ながら、“伝説の監督”と呼ばれるテレンス・マリック。彼の最新作実現のために製作にまで名を連ねたブラッド・ピットが父を、『ミスティック・リバー』と『ミルク』で二度のオスカーに輝く名優ショーン・ペンが息子を演じ、今年度カンヌ国際映画祭の最優秀賞のパルムドールに輝いた話題作。ごく平凡な一家の物語を丁寧に描く一方、壮大で叙事詩的な映像を挟みこみ、見るものをそれぞれの思索にいざなう。さらにすべての登場人物に“救い”が訪れる清浄なラストシーンで、物語を一気に普遍化してしまう手腕は、さすが巨匠だ。また2年の歳月をかけ、オーディションで選ばれた少年時代のジャックと兄弟役の子役たちも、演技初挑戦とは思えない素晴らしい表情を見せてくれる。

  • 2011年8月12日 より 丸の内ルーブルほか全国にて

  • 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • 製作国:アメリカ(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 テレンス・マリック (Terrence Malick)
脚本 テレンス・マリック (Terrence Malick)
製作総指揮 ドナルド・ローゼンフェルト (Donald Rosenfeld)
製作 サラ・グリーン (Sarah Green) ビル・ポーラッド (Bill Pohlad) ブラッド・ピット (Brad Pitt) デデ・ガードナー (Dede Gardner) グラント・ヒル (Grant Hill)
撮影 エマニュエル・ルベツキ (Emmanuel Lubezki)
美術 ジャック・フィスク (Jack Fisk)
音楽 アレクサンドル・デスプラ (Alexandre Desplat)
編集 マーク・ヨシカワ (Mark Yoshikawa) ハンク・コーウィン (Hank Corwin) ジェイ・ラビノウィッツ (Jay Rabinowitz) ダニエル・レゼンデ (Daniel Rezende) ビル・ウェバー (Bill Weber)
衣装デザイン ジャクリーン・ウェスト (Jacqueline West)
キャスティング フランシーヌ・マイスラー (Francine Maisler) ヴィッキー・ブーン (Vicky Boone)
SFX/VFXスーパーバイザー ダン・グラス (Dan Glass)
字幕 松浦美奈 (Mina Matsuura)

■キャスト

俳優名 役名
ブラッド・ピット (Brad Pitt)  Mr. O'Brien
ショーン・ペン (Sean Penn)  Jack
ジェシカ・チャステイン (Jessica Chastain)  Mrs. O'Brien
フィオナ・ショウ (Fiona Shaw)  Grandmother
ハンター・マクラケン (Hunter McCracken)  Young Jack
ララミー・エップラー (Laramie Eppler)  R.L.
タイ・シェリダン (Tye Sheridan)  Steve

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!