• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言

ドサ回りのストリッパーを中心に、不良中学生、原発ジプシー、娼婦などいわゆるはみだし人間たちの生き方を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

旅回りのストリッパー、バーバラが名古屋に帰って来た。沖縄集落の中のタケ子が経営する飯み屋の二階が彼女の住居で、内縁の夫・宮里と親友のアイコが待っているはずだった。その日は、バーバラの弟の正とタケ子の娘、タマ枝、和男の不良中学生三人が修学旅行からはずされた腹イセに積立金強奪騒動を起こし、人質の野呂教諭が縛られ、物干し台に転がされていた。宮里は原発を転々と渡り歩く労働者・原発ジプシーでヤクザの仲間入りをしている。バーバラとは沖縄のコザ暴動以来の間柄で、彼女はそろそろ、二人で堅気の仕事に就いて結婚したがっていた。



■解説

脚本は「ロケーション」の近藤昭二と、同作の森崎東、大原清秀の共同執筆。監督は森崎東、撮影は「いつか誰かが殺される」の浜田毅がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1985)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 森崎東 (Azuma Morisaki)
脚本 近藤昭二 (コンドウショウジ) 大原清秀 (オオハラキヨヒデ) 森崎東 (Azuma Morisaki)
企画協力 市川康満
製作 木下茂三郎
プロデューサー 中沢敏明 (ナカザワトシアキ)
撮影 浜田毅 (ハマダタケシ)
美術 高橋章 (タカハシアキラ)
音楽 宇崎竜童 (ウザキリュウドウ)
録音 武進 (タケススム)
照明 長田達也 (オサダタツヤ)
編集 菅野善雄 (Yoshio Sugano)
監督補 下村優 (シモムラユウ)
助監督 武内孝吉
スチール 竹内健二 (タケウチケンジ)

■キャスト

俳優名 役名
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)  バーバラ
平田満 (Mitsuru Hirata)  野呂
片石隆弘 (カタイシタカヒロ) 
竹本幸恵   タマ枝
久野真平   和男
小林トシ江 (コバヤシトシエ)  タケ子
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)  鎧刑事
左とん平 (ヒダリトンペイ)  大内
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)  戸張
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)  船長
泉谷しげる (Shigeru Izumiya)  安次
上原由恵 (ウエハラヨシエ)  アイコ
乱孝寿 (ランコウジュ)  ギン子
原田芳雄 (Yoshio Harada)  宮里

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!