映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ハードライフ 紫の青春 恋と喧嘩と特攻服

  • PG-12

仏恥義理の青春を走った少女の実話を完全映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

埼玉県・東松山。4人姉妹の末っ子・高橋すえこは、自称大工で呑んだくれの父と水商売で家計を支える母の元で家族の絆がないままに育つ。中学1年でメグミ先輩と出会い、髪を染め、万引きを教わり、タバコも覚える。後に恋人になるツッパリ達也とその仲間も紹介され、心が満たされていくすえこ。しかし、入り浸っていた村上モータースの村上が逮捕され、すえこも補導されてしまう。そんな中、達也とメグミの浮気現場に出くわし、家でも父が母に暴力を振るい、すえこの心は荒んでいく。ある日、スケ番に脅かされている時、レディース紫優嬢の総長と副総長に助けられたすえこ。紫優嬢のメンバー全員からの一発に耐え、紫優嬢に入ることを許されたすえこの人生は一変していく。特攻服を身にまとい、喧嘩に明け暮れ、次第に頭角を表していき、紫優嬢4代目総長を任され関東制覇を目指して猛進していく。すえこは、マスコミに取り上げられ話題となり、伝説化していくが、それは仲間からの妬みの始まりだった。



■解説

1990年代、関東制覇に燃えるレディース「紫優嬢」の総長となり、数々のメディアで伝説的人気を博していたカリスマ少女すえこ。喧嘩と恋と特攻服。15歳のすえこは、その転落人生で何を見つけたのか…?各メディアで特集が組まれている、少年院出身者らによるNPO法人“セカンドチャンス!”の中村すえこの自伝を完全映画化。多彩なファンタジー作品で定評のある関顕嗣監督が自ら企画し実現。すえこの持て余したエネルギーと心情を「紫優嬢」の仲間の葛藤とともに、少女の成長物語として見事に描ききる。(作品資料より)

  • 2011年5月21日 より 銀座シネパトスほか全国にて順次公開

  • 配給:マジカル
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 関顕嗣 (セキアキツグ)
脚本 関顕嗣 (セキアキツグ) 町野弘幸 (マチノヒロユキ)
原作 中村すえこ (ナカムラスエコ)
企画 関顕嗣 (セキアキツグ)
製作 吉岡市雄 (ヨシオカイチオ) 寺園卓司 湯之上龍子 (ユノウエリュウコ) 林瑞峰 (ハヤシズイホウ) 小浜圭太郎 (コハマケイタロウ) 高橋一誠 川端基夫 (カワバタモトオ)
チーフプロデューサー 嶋田豪 (シマダツヨシ)
プロデューサー 中村真弓 原口巧 高津戸顕 北田陽子 (キタダヨウコ) 丸山恵子 寺田権太
撮影監督 吉沢和晃 (ヨシザワカズアキ)
持ち道具 長谷川清夏 (ハセガワサヤカ)
主題歌 柳麻美 (ヤナギマミ)
挿入歌 YURECA (ユリーカ)
録音 廣木邦人
照明 三浦功嗣
衣裳 伊藤正美 (イトウマサミ)
メイク 岩部杏子
作詞 中村すえこ (ナカムラスエコ) YURECA (ユリーカ)
作曲 小林哲也 (コバヤシテツヤ) 犬飼伸二 (イヌカイシンジ)
編曲 山下洋介 (ヤマシタヨウスケ)
アソシエイト・プロデューサー 旭正嗣 (アサヒマサツグ)
ライン・プロデューサー 森田理生 (モリタリオ)
アシスタントプロデューサー 星野晴美
制作主任 伊波あゆみ
制作デスク 坂野恵美子
助監督 松村隆司
スチール 松田優子 (マツダユウコ)
題字 小林覚
配給宣伝プロデューサー 吉岡市雄 (ヨシオカイチオ)

■キャスト

俳優名 役名
寺島咲 (テラシマサキ)  すえこ
片岡信和 (カタオカシンワ)  竜也
秋山莉奈 (アキヤマリナ)  メグミ
山崎みどり (ヤマザキミドリ)  美穂
小田あさ美 (オダアサミ)  サキ
亜紗美 (アサミ)  チヅル
Rio (Rio)  里佳
安藤あいか (アンドウアイカ)  静香
久保ユリカ (Yurika Kubo)  美奈
鎌田奈津美 (カマタナツミ)  由美
丸尾みゆき (マルオミユキ)  みゆき
岩永七緒 (イワナガナオ) 
安田カナ  
 
柚木彩見 (ユズキアヤミ) 
下鶴恵子  
中澤達也 (ナカザワタツヤ) 
村井雄大  
秋定里穂  
香月  
斉藤優香 (サイトウユウカ) 
すぎはら美里 (スギハラミリ) 
美元 (ミヲン) 
津田寛治 (Kanji Tsuda)  村上武雄
パンチ佐藤 (パンチサトウ)  高橋邦夫
秋本奈緒美 (アキモトナオミ)  高橋美津子

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!