映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 一枚のハガキ

日本映画界の至宝・新藤兼人監督、映画人生最後の作品

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

太平洋戦争末期、中年兵として招集された松山啓太ら100名の兵士は、上官によるくじ引きで決められた戦地に赴任する事になっていた。くじ引きが行われた夜、フィリピンに送られる事になった仲間の定造から、妻より送られてきた一枚のハガキを手渡される。定造は、もし啓太が生き延びる事ができたら、妻にハガキは読んだと伝えてくれと依頼する。やがて戦争が終わり、生き残ったのは啓太を含め100名のうち6名だけだった…。



■解説

日本最高齢(99歳)の巨匠・新藤兼人監督自ら、「映画人生最後の作品にする」と宣言した本作。太平洋戦争末期に徴集された100人の兵士のうち、94人が戦死し6人だけが生きて帰った。その生死を分けたのは、上官が彼らの赴任先を決めるために引いた“くじ”だった―という、新藤監督自身の実体験を基に作られた。人の運命がくじによって決まり、兵士の死は働き手を失った家族のその後の人生をも破滅に向かわせる。そんな戦争の愚かさと不条理を、時に厳しく、時にユーモアを交えながら描く。新藤監督が自身を投影させた主人公役の豊川悦司と、愛する人を次々に亡くし、戦争への憎しみを生きる力にする女性を演じた大竹しのぶの好演にも注目。

  • 2011年8月6日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:東京テアトル
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
脚本 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
原作 新藤兼人 (Kaneto Shindo)
製作 新藤次郎 (シンドウジロウ) 渡辺利三 宮永大輔 (ミヤナガダイスケ)
プロデューサー 新藤次郎 (シンドウジロウ)
撮影 林雅彦 (ハヤシマサヒコ)
美術 金藤浩一
音楽 林光 (ハヤシヒカリ)
録音 尾崎聡 (オザキサトシ)
照明 山下博 (ヤマシタヒロシ) 永田英則 (ナガタヒデノリ)
編集 渡辺行夫 (ワタナベユキオ)
ライン・プロデューサー 岩谷浩 (キシタニヒロシ)

■キャスト

俳優名 役名
豊川悦司 (Etsushi Toyokawa)  松山啓太
大竹しのぶ (オオタケシノブ)  森川友子
六平直政 (Naomasa Musaka)  森川定造
大杉漣 (Ren Osugi)  泉屋吉五郎
柄本明 (Akira Emoto)  森川勇吉
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)  森川チヨ
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)  利ヱ門
大地泰仁   森川三平
川上麻衣子 (カワカミマイコ)  松山美江
絵沢萠子 (エザワモエコ)  利ヱ門の女房
麿赤兒 (Akaji Maro)  和尚
渡辺大 (Dai Watanabe)  下士官

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!