映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • あゝ野麦峠

明治中期、長野県岡谷市にある製系工場に、岐阜県飛騨地方から野麦峠を越えて働きに出た少女達の姿を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

明治36年2月、飛騨から野麦峠を越えて信州諏訪へ向かう百名以上もの少女達の集団があった。毎年、飛騨の寒村の少女達はわずかな契約金で製糸工場(キカヤ)へ赴く。河合村のみね、はな、きく、ときも新工として山安足立組で働くことになっていた。途中、ゆきという父無し子の無口な少女も一行に加わった。明治日本の富国強兵のための外貨獲得はこのような工女のか細い手に委ねられていた。三年後みねは一人前の工女になっていた。取り出す糸は細く一定で光沢がなければ輸出用にはならず、毎日の検査で外国向けにならない糸を出したものは、みんなの前で検番から罵倒され、一定基準に合格しない場合は当人の給金から罰金が差引かれた。



■解説

昭和四十三年に発表された山本茂実の同名小説を映画化したもので、脚本は服部佳、監督は「皇帝のいない八月」の山本薩夫、撮影は「曽根崎心中」の小林節雄がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1979)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 山本薩夫 (Satsuo Yamamoto)
脚本 服部佳
原作 山本茂実
製作総指揮 持丸寛二
企画 山岸豊吉
製作 伊藤武郎 (イトウタケオ) 宮古とく子 (ミヤコトクコ)
撮影 小林節雄 (コバヤシセツオ)
美術 間野重雄 (マノシゲオ)
音楽 佐藤勝 (Masaru Sato)
録音 渡会伸 (ワタライシン)
照明 下村一夫 (シモムラカズオ)
編集 鍋島惇 (ナベシマジュン)
助監督 太田安則 (オオタヤスノリ)
記録 君塚みね子
スチル 山本耕二

■キャスト

俳優名 役名
大竹しのぶ (オオタケシノブ)  政井みね
原田美枝子 (Mieko Harada)  篠田ゆき
友里千賀子 (ユリチカコ)  三島はな
古手川祐子 (Kotegawa Yuko)  庄司きく
浅野亜子 (アサノアコ)  平井とき
岡本業利   久保えい
黒川明子 (クロカワアキコ)  杉山みつ
志方亜紀子 (シカタアキコ)  荒井たみ
今村文美   山村さわ
森次晃嗣 (モリツグコウジ)  足立春夫
山本亘 (ヤマモトセン)  野中新吉
赤塚真人 (Makoto Akatsuka)  川瀬音松
地井武男 (Takeo Chii)  政井辰次郎
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)  お助け茶屋の老婆
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)  足立藤吉
斉藤美和 (サイトウミワ)  足立とみ
三上真一郎 (ミカミシンイチロウ)  黒木権三
小松方正 (コマツホウセイ)  金山徳太郎
西村晃 (ニシムラコウ)  政井友二郎
野村昭子 (ノムラアキコ)  政井もと
渡辺由光   政井菊五郎
中原早苗 (ナカハラサナエ)  石部いわ
津田京子 (ツダキョウコ)  木谷やえ
采野圭子   井上まさ
石井くに子 (イシイクニコ)  松本さだ
江幡高志 (エバタタカシ)  丸正の検番
長浜藤夫 (ナガハマフジオ)  山安の守衛
福原秀雄 (フクハラヒデオ)  きくの父親
平田昭彦 (ヒラタアキヒコ)  伏見宮殿下
三条泰子 (サンジョウヤスコ)  伏見宮妃殿下
伊藤智恵子 (イトウチエコ)  工女
住吉由美子 (ヨシズミユミコ)  工女
上田三津子 (ウエダミツコ)  工女
尾曳伊都子   工女
神谷ゆり (カミヤユリ)  工女
中野遊 (ナカノユウ)  工女
磯部稲子 (イソベイナコ)  工女
遠藤明子 (エンドウアキコ)  工女
大竹めぐみ (オオタケメグミ)  工女
横部薫 (ヨコベカオル)  工女
鮎川恵 (アユカワメグミ)  工女
新井梨枝 (アライリエ)  工女
森田元子 (モリタモトコ)  工女
北構みな子   工女
坂井孝子   工女
剣持光子 (ケンモチミツコ)  工女
岡本洋子 (オカモトヨウコ)  工女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!