映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • サラの鍵

60年前の少女の慟哭が私を突き動かす

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1942年7月16日のパリ。10歳の少女サラは両親と共に警官に連行される直前に、弟のミシェルを秘密の納戸に隠して鍵をかける。「すぐに帰る」と約束をして。しかし、それはフランス警察が1万3千人のユダヤ人を屋内競輪場(ヴェルデイヴ)に収容した一斉検挙だったのだ。2009年、フランス人と結婚しパリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアはヴェルディヴ事件の取材を通じ、夫の家族の秘められた過去を知る事になる…。



■解説

弟との約束を守りたい一心で鍵を握りしめ、迫害の地獄絵を生き延びようとする少女が背負ったあまりにも残酷な運命に胸の奥をえぐられるような衝撃を受ける。さらに、たとえ幸せな家庭生活を壊す事になっても真実を追究せずにはいられないジュリアが、一人の人間として選び取って行くひとつひとつの決断も、実力派女優クリスティン・スコット・トーマスの好演もあり、観る者の心に強く訴えかける。彼女と共に悩み深く考えさせられるはずだ。タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説を原作に、脚本も手がけた監督ジル・パケ=ブレネールの見事な構成力が光る。本作は、第23回東京国際映画祭最優秀監督賞と観客賞をW受賞している。

  • 2011年12月17日 より 銀座テアトルシネマほか全国にて

  • 配給:ギャガ
  • 製作国:フランス(2010)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジル・パケ=ブレネール (Gilles Paquet-Brenner)
脚本 ジル・パケ=ブレネール (Gilles Paquet-Brenner) セルジュ・ジョンクール (Serge Joncour)
原作 タチアナ・ド・ロネ (Tatiana De Rosnay)
撮影 パスカル・リダオ (Pascal Ridao)
音楽 マックス・リヒター (Max Richter)

■キャスト

俳優名 役名
クリスティン・スコット・トーマス (Kristin Scott Thomas)  Julia Jarmond
メリュジーヌ・マヤンス (Melusine Mayance)  Sarah Starzynski
ニエル・アレストラップ (Niels Arestrup)  Jules Dufaure
エイダン・クイン (Aidan Quinn)  William Rainsferd
フレデリック・ピエロ (Frederic Pierrot)  Bertrand Tezac

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!