映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ある殺し屋の鍵

藤原審爾の原作『消される男』を、増村保造が構成、小滝光郎が脚色して映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

表向きは日本舞踊の師匠である新田は、実は凄腕の殺し屋だった。彼の素姓は、彼と親しい芸者秀子も知らなかった。ある日新田は、石野組幹部荒木から、政財界の秘密メモを握る脱税王朝倉を消してくれと頼まれた。二千万の報酬で仕事を引受けた新田は綿密な調査の末、朝倉の泊るホテルのプールを仕事場と決めた。その日、何も知らずに朝倉と遊んでいた秀子に邪魔されはしたが、新田は針一本の武器で朝倉を殺した。証拠も、目撃者もない、瞬時のことだった。だが、石野組は新田を裏切り、彼を消そうとした。



■解説

藤原審爾の原作『消される男』(弥生書房刊)を、「痴人の愛(1967)」の増村保造が構成、「処女が見た」の小滝光郎が脚色した。監督は「若親分兇状旅」の森一生で、「ある殺し屋」の続編。撮影は「座頭市牢破り」の宮川一夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1967)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 森一生 (Kazuo Mori)
構成 増村保造 (Yasuzo Masumura)
脚色 小滝光郎
原作 藤原審爾
企画 藤井浩明 (Hiroaki Fujii)
撮影 宮川一夫 (Kazuo Miyagawa)
美術 太田誠一 (オオタセイイチ)
音楽 鏑木創
録音 海原幸夫 (カイハラユキオ)
照明 中岡源権 (ナカオカゲンコン)
編集 谷口登司夫 (タニグチトシオ)
スチル 小山田輝男

■キャスト

俳優名 役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)  新田
西村晃 (ニシムラコウ)  遠藤
佐藤友美 (サトウトモミ)  秀子
山形勲 (ヤマガタイサオ)  北城
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)  石野
金内吉男 (Yoshio Kanauchi)  荒木
伊達三郎 (Saburo Date)  西村
伊東光一 (イトウコウイチ)  菊野
内田朝雄 (Asao Uchida)  朝倉
玉置一恵 (タマキカズエ)  実業家
森内一夫 (モリウチカズオ)  警官
伊東義高 (イトウヨシタカ)  男A
志賀明 (シガアキラ)  男B
岩田正 (イワタタダシ)  秘書
大林一夫 (オオバヤシカズオ)  新聞記者A
上原寛二   新聞記者B

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!