映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • テンペスト

シェイクスピア最後の傑作を、鬼才ジュリー・テイモア&ヘレン・ミレンほか豪華キャストで映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ナポリ公アロンゾーとその一行の乗った船は、突然の嵐(テンペスト)に襲われる。孤島に漂着した彼らだったが、アロンゾーの息子ファーディナンドの姿がなかった。この嵐は、島に住むプロスペラが魔術を使って起こしたものだった。かつてミラノ大公妃だったプロスペラが夫の死後、弟に大公の座を奪われ国を追われ、娘のミランダとここで暮らしていたのだ。自分を裏切った者たちへの絶好の復讐の機会を、彼女は見逃さなかった。



■解説

ミュージカル「ライオンキング」の舞台で斬新な演出を施し、世界に一躍名をとどろかしたジュリー・テイモア。映画界にも進出した彼女は、シェイクスピア原作の『タイタス』で先進的な映像スタイルを見せる。続く『フリーダ』『アクロス・ザ・ユニバース』といった監督作品で、映画にも才能があることを示した。本作では『クイーン』でアカデミー主演女優賞を得たヘレン・ミレンを起用し、原作のシェイクスピア作品では男性だった主人公プロスペローを女性のプロスペラに変更。本年度アカデミー賞衣装デザイン賞にもノミネートされた見事な衣装、実力派の俳優たちが織り成す演技のアンサンブルと、見どころには欠かない出来上がりになった。

  • 2011年6月11日 より TOHOシネマズシャンテほか全国にて順次公開

  • 配給:東北新社
  • 製作国:アメリカ(2010)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ジュリー・テイモア (Julie Taymor)
脚本 ジュリー・テイモア (Julie Taymor)
原作 ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare)
製作総指揮 ロン・ボズマン (Ronald M. Bozman) ティノ・プーリ (Tino Puri) ロヒト・カッタール (Rohit Khattar) スチュアート・ティル (Stewart Till) アンソニー・バックナー (Anthony Buckner) グレッグ・ストラスバーグ (Greg Strasburg)
製作 ジュリー・テイモア (Julie Taymor) ロバート・チャートフ (Robert Chartoff) リン・ヘンディ (Lynn Hendee) ジュリア・テイラー・スタンリー (Julia Taylor-Stanley) ジェイソン・ロウ (Jason K. Lau)
共同プロデューサー ナリーニ・ラルヴァーニ (Nalini Lalvani)
撮影 スチュアート・ドライバーグ (Stuart Dryburgh)
美術 マーク・フリードバーグ (Mark Friedberg)
音楽 エリオット・ゴールデンサル (Elliot Goldenthal)
編集 フランソワーズ・ボノー (Francoise Bonnot)
衣装デザイン サンディ・パウエル (Sandy Powell)
アソシエイト・プロデューサー フィリス・ラヴォワ (Phyllis LaVoie)
字幕 佐藤恵子 (Keiko Sato)
字幕監修 松岡和子 (マツオカカズコ)

■キャスト

俳優名 役名
ヘレン・ミレン (Helen Mirren)  Prospera
ラッセル・ブランド (Russell Brand)  Trinculo
リーヴ・カーニー (Reeve Carney)  Prince Ferdinand
トム・コンティ (Tom Conti)  Gonzalo
クリス・クーパー (Chris Cooper)  Antonio
アラン・カミング (Alan Cumming)  Sebastian
ジャイモン・ハンスゥ (Djimon Hounsou)  Caliban
フェリシティ・ジョーンズ (Felicity Jones)  Miranda
アルフレッド・モリーナ (Alfred Molina)  Stephano
デヴィッド・ストラザーン (David Strathairn)  King Alonso
ベン・ウィショー (Ben Whishaw)  Ariel

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!