映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • エクレール・お菓子放浪記

ほんの少しあれば幸せになれる、お菓子は未来への希望。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

戦時下の街で、空腹から菓子を盗んだところを1人の刑事に助けられたアキオ。刑事の世話で感化院に入れられるが、アキオは刑事への恩と菓子パンの味が忘れられなかった。感化院では、音楽教師、陽子が歌う『お菓子と娘』が心の慰めだった。東京の里親に引き取られ、映画館で働くアキオに陽子はお菓子の作り方の本を送る。お菓子作りに夢を膨らませるアキオ。しかし、戦争は激しさを増し、ついに陽子が住む街に原爆が落とされ…。



■解説

西村滋原作の「お菓子放浪記」が出版から30年以上の年月を経て待望の映画化。戦争中、孤児で家もなく、放浪していた少年が“お菓子”と出会い、生きる希望を見い出すまでを描く。孤独に生きてきた主人公・アキオは、“お菓子”がきっかけで人の優しさを知る。一度は、遠山刑事に助けられた時、二度目は、小学校の教師、陽子に「お菓子と娘」の歌を教えられた時だった。戦争中の価値観を押し付ける説教臭さはなく、お菓子の豊かさ、温かさを教えてくれる作品。主演は、『レ・ミゼラブル』などミュージカルで活躍する吉井一肇。善人なのか悪人なのか分からないアキオの養母に扮するいしだあゆみの演技が絶品。監督は、『ふみ子の海』の近藤明男。

  • 2011年5月21日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:マジックアワー+『エクレール・お菓子放浪記』全国配給委員会
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 近藤明男 (コンドウアキオ)
脚本 西井史子 (ニシイノブコ) 泉悦子 (イズミエツコ) 近藤明男 (コンドウアキオ)
原作 西村滋 (ニシムラシゲル)
エグゼクティブプロデューサー 深津修一 (フカヅシュウイチ)
企画 小野寺勉
撮影 久保田悦郎 (クボタエツオ)
B班撮影 山口哲広 (ヤマグチテツヒロ)
美術 中川理仁 (ナカガワリヒト)
装飾 藤田徹 (フジタトオル)
音楽 沢田完 (サワダカン)
音楽プロデューサー 山下武史 (ヤマシタタケシ)
録音 今井善孝 (イマイヨシタカ)
照明 土山正人 (ツチヤママサト)
編集 白水孝幸 (Takayuki Shirouzu)
衣装デザイン 萬木利昭 (マンギトシアキ) 中山邦夫 (ナカヤマクニオ) 松川好伸 (マツカワヨシノブ)
ヘアメイク 山本理恵 富田晶
アソシエイト・プロデューサー 本間信行 (ホンマノブユキ)
ライン・プロデューサー 杉山隆夫 (スギヤマタカオ)
監督補 是澤邦男
助監督 躰仲洋蔵 副島正寛
スクリプター/記録 今井文子
美術監修 丸尾知行 (マルオトモユキ)
スチール 栗原隆一 (クリハラリュウイチ)
効果 橋本正二 (ハシモトショウジ) 橋本正明 (ハシモトマサアキ)
歌唱指導 長田直也 (オサダナオヤ)
技術プロデューサー 友枝裕治
演技事務 長澤克明 (ナガサワ)

■キャスト

俳優名 役名
吉井一肇 (ヨシイハジメ)  西村アキオ
早織 (コイデサオリ)  浜田陽子/西村カナ
遠藤憲一 (Kenichi Endo)  遠山刑事
高橋惠子 (タカハシケイコ)  遠山静子
太賀 (タイガ)  若松千吉
根岸泰樹 (ネギシタイキ)  松尾春彦
松村良太 (マツムラリョウタ)  伊集院鉄太郎
山田吾一 (ヤマダゴイチ)  国分学院 院長
駒田徳広 (コマダノリヒロ)  指導員 重田
新崎人生   指導員 熊谷
竹内都子   トミ子
尾藤イサオ (Isao_Bitou)  徳さん
林隆三 (Ryuzo Hayashi)  尾上紋三郎
嘉島典俊 (カシマノリトシ)  梅村歌章
尾崎右宗 (オザキウソウ)  尾上紋雀
薗田正美 (ソノダマサミ)  大谷寛太
小野沢智子 (オノザワトモコ)  夢奴
満利江 (マリエ)  おみつ
安藤彰則 (アンドウアキノリ)  警官・平田
三上寛 (ミカミカン)  ヒゲの警察官
春風亭昇太 (シュンプウテイショウタ)  メガネの中年男
二コラス・ペタス (ニコラス・ペタス)  GI
神敏将 (ジントシユキ)  日系二世通訳
鈴木理子 (スズキリコ)  おさげの中学生
いしだあゆみ (Ishida Ayumi)  野田フサノ

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!