映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アジャストメント

世の中の運命はすべて“調整”されていた。SFの巨匠K・ディックの原作をマット・デイモン主演で映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが、エリースという女性と偶然出会った事から予定とは違うスピーチをし、結果それが功を奏す。そんな彼の動向を“アジャストメント・ビューロー”のエージェントたちがチェックしていた。2年後、そのエージェントのミスからデヴッドはエリースに再会。しかし、エージェントたちから二度とエリースに会わないよう警告される。



■解説

SF作家フィリップ・K・ディック。彼の小説を読んだ事がない人でも、映画化された作品を知れば、作風は何となく察しがつくのではないだろうか。『ブレードランナー』『トータル・リコール』『マイノリティ・リポート』『ペイ・チェック消された記憶』…。共通するのは、現在の自分の存在への“疑いの心”だ。自分は本当の自分ではないのではないか、自分の意思で決めて生きているのは見せかけではないか。本作の世界では世の中の筋書きはあらかじめ決められており、そこから外れそうになると“アジャストメント・ビューロー(調整局)”のエージェントたちが現れ、微調整していく。そこでは運命に逆らうことはできない。しかし主人公デヴィッドは決められた運命に抗い、自分の愛を貫いていく。

  • 2011年5月27日 より TOHOシネマズ日劇ほか全国にて

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ(2011)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー

■スタッフ

監督 ジョージ・ノルフィ (George Nolfi)
脚本 ジョージ・ノルフィ (George Nolfi)
原作 フィリップ・K・ディック (Philip K. Dick)
製作総指揮 ジョナサン・ゴードン (Jonathan Gordon) アイサ・ディック・ハケット (Isa Dick Hackett)
製作 マイケル・ハケット (Michael Hackett) ジョージ・ノルフィ (George Nolfi) ビル・カラーロ (Bill Carraro) クリス・ムーア (Chris Moore)
共同製作 ジョエル・フィルテル (Joel Viertel)
撮影監督 ジョン・トール (John Toll)
プロダクション・デザイン ケヴィン・トンプソン (Kevin Thompson)
音楽 トーマス・ニューマン (Thomas Newman)
編集 ジェイ・ラビノウィッツ (Jay Rabinowitz)
衣装デザイン カシア・ワリッカ=メイモン (Kasia Walicka Maimone)
キャスティング アマンダ・マッキー (Amanda Mackey) キャシー・サンドリッチ・ゲルフォンド (Cathy Sandrich Gelfond)
SFX/VFXスーパーバイザー マーク・ラッセル (Mark Russell)
字幕 栗原とみ子 (Tomiko Kurihara)

■キャスト

俳優名 役名
マット・デイモン (Matt Damon)  David Norris
エミリー・ブラント (Emily Blunt)  Elise Sellas
アンソニー・マッキー (Anthony Mackie)  Harry
ジョン・スラッテリー (John Slattery)  Richardson
マイケル・ケリー (Michael Kelly)  Charlie Traynor
テレンス・スタンプ (Terence Stamp)  Thompson

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!