映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 化粧

京都の老舗の料亭を舞台に、そこの女将と美しい三姉妹がくり広げる様々な生き方を描く

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

京都・原谷。料亭・蔦乃家の三姉妹、頼子、里子、槙子と女将のつねが、里子の夫で婿養子の菊雄を交え桜の咲き乱れる中、甘酒を飲んでいる。一行は二十歳で自殺した頼子の双子の・姉・鈴子の墓参りの帰りであった。忘れ物をして墓に戻った頼子は、そこで鈴子を自殺に追いやった男・熊倉と出逢う。鈴子の分身であった頼子にとって、彼は心底憎い男だった。つねは幾代も続いた老舗・蔦乃家の娘で芸妓となり、やがて京大の助手をしていた青年と恋をした。彼女は青年の子を宿していたが、生木を裂くようにして別れさせられ、生まれたのが鈴子と頼子である。そして、婿をとったつねは、里子と槙子を儲けるが、夫は幼い子供たちを残して他界したのだった。



■解説

渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「魚影の群れ」の田中陽造、監督は「無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ」の池広一夫、撮影は「きつね」の坂本典隆がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1984)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 池広一夫 (イケヒロカズオ)
脚本 田中陽造 (Yozo Tanaka)
脚色 長尾啓司 (ナガオヒロシ)
原作 渡辺淳一 (Junichi Watanabe)
製作 脇田雅丈
プロデューサー 小坂一雄 (コサカカズオ)
撮影 坂本典隆 (Noritaka Sakamoto)
美術 西岡善信 (ニシオカヨシノブ) 重田重盛 (シゲタシゲモリ)
音楽 池野成
主題曲 松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)
録音 島田満 小尾幸魚 (オビサチオ)
照明 八亀実
編集 後藤彦治
助監督 長尾啓司 (ナガオヒロシ)
スチール 金田正 (カネダタダシ)

■キャスト

俳優名 役名
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)  蔦野頼子
池上季実子 (Ikegami Kimiko)  蔦野里子
和由布子 (カズユウコ)  蔦野槙子
京マチ子 (Machiko_Kyo)  蔦野つね
柄本明 (Akira Emoto)  蔦野菊雄
中井貴一 (Kiichi Nakai)  日下
曽我廼家明蝶 (ソガノヤメイチョウ)  梅善堂
穂積隆信 (ホヅミタカノブ)  大野
三木のり平 (ミキノリヘイ)  カーミラの老主人
中尾彬 (Akira Nakao)  秋山
井上純一 (イノウエジュンイチ)  小泉志郎
滝田裕介 (タキタユウスケ)  中田
林ゆたか (ハヤシユタカ)  庄司
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)  平井教授
内藤武敏 (ナイトウタケトシ)  小泉志郎の父親
南風洋子 (ミナカゼヨウコ)  小泉志郎の母親
竹脇無我 (Muga Takewaki)  椎名
伊丹十三 (Juzo Itami)  熊倉

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!