映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 大地の詩 −留岡幸助物語−

多くの少年たちに愛と希望を与えた留岡幸助の生涯

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

岡山県高梁に生まれてすぐに商家の養子になった幸助は、ある日、金持ちの武士の子に一方的に殴られ、耐えきれずに相手に噛みつき打ち負かす。そのことで米屋を営む実家は得意先を失い、幸助は父から折檻を受け、学校を退学させられたあげく商人になることを強いられる。幸助は幼くして不平等な身分社会に憤りを感じる。青年になると、幸助はキリスト教へ入信。同志社英学校神学科を卒業後、丹波教会の牧師となり活躍するが、明治24年、金森通倫牧師の勧めで、北海道・空知にある監獄の教誨師に就任。強制労働など過酷な刑罰を受ける囚人達。幸助は、囚徒を更生させ、監獄を改革しようと、3年に渡り囚徒の過去を調査。そして、犯罪の芽は幼少期に発することを知り、幼い頃の家庭教育の大切さに気づく。また、幼き日の友人が、犯罪者になっていたことも少年感化に従事する遠因となる。幸助は教誨師を辞めると、米国に渡り2年をかけて欧米の監獄事情を学ぶ。そして帰国後、少年感化を実現すべく、北巣鴨の一角に「家庭学校」を作り、広く感化を要する子弟を教育、少年感化事業の先駆者となる。後に巣鴨の地が都会的になると、北海道・遠軽の地に家庭学校を作る。



■解説

『石井のおとうさんありがとう』『筆子・その愛-天使のピアノ-』で児童福祉文化賞を連続受賞した山田火砂子監督が、少年感化を実現するため北海道家庭学校を創設し、多くの少年たちに愛と希望を与え、“不良少年更生の父”と呼ばれた留岡幸助の生涯を描く。(作品資料より)

  • 2011年4月9日 より 新宿武蔵野館ほかにて

  • 配給:現代ぷろだくしょん
  • 製作国:日本(2011)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 山田火砂子 (ヤマダヒサコ)
脚本 長坂秀佳 (ナガサカシュウケイ) 池田太郎 (イケダタロウ) 山田火砂子 (ヤマダヒサコ)
製作総指揮 山田火砂子 (ヤマダヒサコ)
プロデューサー 井上真紀子 (イノウエマキコ) 国枝秀美 (クニエダヒデミ) 薮原信子 萩原浩司
撮影監督 長田勇市 (ナガタユウイチ)
美術 小林和美 (コバヤシカズミ)
音楽 石川鷹彦 (イシカワタカヒコ)
録音 沼田和夫 (ヌマタカズオ)
照明 小波祐介 (コナミユウスケ)
編集 岩谷和行 (イワタニカズユキ)
助監督 石田和彦 (イシダカズヒコ)

■キャスト

俳優名 役名
村上弘明 (Hiroaki Murakami)  留岡幸助
工藤夕貴 (Youki Kudoh)  留岡夏子
さとう宗幸 (サトウムネユキ)  原胤昭
村田雄浩 (Takehiro Murata)  石井十次
隆大介 (Daisuke Ryu)  有馬四郎助
市川笑也 (イチカワエミヤ)  好地由太郎
石倉三郎 (イシクラサブロウ)  留岡金助
アーサー・ホーランド (アーサー・ホーランド)  ケリー宣教師
笛木優子 (Fueki Yuko)  寺尾きく子
小倉一郎 (オグライチロウ)  金森通倫
秋野太作 (アキノタイサク)  古河市兵衛
中条きよし (ナカジョウキヨシ)  大井上輝前
佐藤正宏 (サトウマサヒロ) 
堀内正美 (ホリウチマサミ) 
真砂皓太 (マサゴコウタ) 
磯村みどり (イソムラミドリ) 
宮川一朗太 (Ichirota Miyakawa) 
コント山口君と竹田君 (コントヤマグチクントタケダクン) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!