映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 神様のカルテ

がん患者の心を支えたもの、それは、手書きでびっしり書かれた一枚のカルテ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、医師不足の中、「24時間365日対応」の本庄病院で激務をこなしていた。家に帰れば、カメラマンの妻、アパートの風変わりな住人たちとの温かい暮らしがあったが、多忙のあまり、最初の結婚記念日も忘れる始末。ある日、大学病院から見放された末期がん患者、安曇雪乃が現れる。安曇と触れ合う中で、一止は医療とは何かを考え始める。そんな時、大学病院に勤めないかという誘いが…。



■解説

本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベストセラーを映画化。夏目漱石の熱烈な読者である内科胃の主人公が、末期がん患者との触れ合いの中で、本物の医療とは何かと自問自答していく。栗原一止は、先輩医師の紹介で、大学病院の研修を受け、勤務しないかと誘われる。安曇と、彼女を見捨てた大学病院との間で、一止にとっての本物の医療が見え始めていた。病と闘いながら生きる事とは何かを考えさせられる。最後に明かされる「神様のカルテ」に込められた意味には、涙が止まらないだろう。舞台となった信州の山々、一止が住む古い旅館には、文学の香りが漂う。出演は、櫻井翔、宮崎あおい、要潤、ほか。監督は、『白夜行』の深川栄洋。

■スタッフ

監督 深川栄洋 (フカガワヨシヒロ)
脚本 後藤法子 (ゴトウ)
原作 夏川草介 (ナツカワソウスケ)
エグゼクティブプロデューサー 市川南 (イチカワミナミ)
企画 山内章弘 (ヤマウチアキヒロ) 春名慶 (ハルナケイ)
プロデューサー 阿部謙三 (アベケンゾウ) 澁澤匡哉 川田尚広 (カワダナオヒロ)
撮影 山田康介 (ヤマダコウスケ)
美術 金勝浩一 (カナカツヒロカズ)
装飾 高橋光 (タカハシヒカル)
音楽 松谷卓 (マツタニスグル)
音楽プロデューサー 北原京子 (キタハラキョウコ)
主題曲/主題歌 辻井伸行 (ツジイノブユキ)
録音 林大輔 (ハヤシダイスケ)
照明 川井稔 (カワイミノル)
編集 坂東直哉 (バンドウナオヤ)
製作担当 森悦子 (モリエツコ)
助監督 菅原丈雄 (スガワラタケオ)
スクリプター/記録 川野恵美

■キャスト

俳優名 役名
櫻井翔 (Sho Sakurai)  栗原一止
宮崎あおい (Aoi Miyazaki)  栗原榛名
要潤 (Jun Kaname)  砂山次郎
吉瀬美智子 (Kichise Michiko)  外村
岡田義徳 (Yoshinori Okada)  学士殿
朝倉あき (アサクラアキ)  水無陽子
原田泰造 (ハラダタイゾウ)  男爵
西岡徳馬 (Tokuma Nishioka)  古狐先生
池脇千鶴 (Ikewaki Chizuru)  東西直美
加賀まりこ (Kaga Mariko)  安曇雪乃
柄本明 (Akira Emoto)  大狸先生
中山卓也 (ナカヤマタクヤ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!