映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 心中天使

つながりたいけど、つながれない。現実とネットの境界が曖昧になり、内面が現実を侵食していく社会で生きる方法

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ピアニストのアイ、高校生のケイ、サラリーマンのユウ。全くつながりのない3人の心の中に何かが「落ちて」来た。その場に倒れて意識を失うが、すぐに目覚め、何事もなかったように生活していた。しかし、その日を境に、それぞれ「奇妙な思い」に取り付かれるようになった。コンクールを前に気を使いすぎる両親に苛立つアイ。奔放な母親の再婚が許せないケイ。バツイチのユウは、再婚を考えている恋人に心を閉ざしてしまった。



■解説

『溺れる人』で夫婦や恋人という関係が寸断される瞬間を描き、各国の映画祭で絶賛された一尾直樹監督の長編第2弾。本作では、家族と心が繋ぐことができない心の孤独をシュールに描いた。ピアニストのアイは、心の中に落ちてきた「何か」に囚われ、ピアノを弾くことができない。父親の心配にも「うまく説明できない」と背中を向ける。しかし、父の言葉「うまくなくたっていい。親子なんだから」という言葉に、心がほぐれるのだった。一尾監督らしいアート性を持ちながら、メッセージもすとんと伝わる、透明感が美しい作品。今も名古屋に拘る一尾監督ゆえに、ロケも全て名古屋で行っている。尾野真千子、國村隼の『萌の朱雀』以来の再共演も話題。

  • 2011年2月5日 より ユーロスペースほか全国にて順次公開

  • 配給:マコトヤ
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 一尾直樹 (イチオナオキ)
脚本 一尾直樹 (イチオナオキ)
エグゼクティブプロデューサー 来間紘 (クルマヒロシ) 松波頼明 (マツナミヨリアキ)
プロデューサー 大塚馨 (オオツカカオル) 井澤昌平 (イザワショウヘイ) 川村晃司 (カワムラコウジ) 阿部祥三 (アベヨシカズ) 松波宏忠
撮影 金子正人 (カネコマサト)
美術監督 安藤伸 (アンドウ)
音楽 倖山リオ (コウヤマリオ)
音楽プロデューサー 中西聡
主題曲/主題歌 angela (Angela)
録音 弦巻裕
照明 田村文彦 (タムラフミヒコ)

■キャスト

俳優名 役名
尾野真千子 (Ono Machiko)  アイ
郭智博 (カクトモヒロ)  ユウ
菊里ひかり (キクザトヒカリ)  ケイ
國村隼 (Jun Kunimura)  アイの父
萬田久子 (Manda Hisako)  アイの母
麻生祐未 (Aso Yumi)  ケイの母
風間トオル (Toru Kazama)  ケイの母の恋人
今井清隆   音楽大学教授
遠野あすか (トウノアスカ)  ユウの恋人
内山理名 (Uchiyama Rina)  猫を抱く女

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!