映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 369のメトシエラ 〜奇跡の扉〜

現代の日本を舞台に描かれる大人たちの寓話

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

区役所の区民課に勤める武田俊介は、一つの町に定住せず引っ越しを繰り返している。友人はおらず、行き倒れていたところを救った若い男がただ一人の友人だった。その日、古いアパートに引っ越した俊介の耳に、隣室からふしぎな唄が聞こえ始める。日々繰り返し聞こえてくる子守唄のようなその唄に、やがて俊介は引かれ始め、そしてつき動かされるように隣室を訪ねる。隣室には老婆がひとりすんでいた。訪ねてきた俊介に老婆は思いもかけない一言を告げる。「自分は400年の長きを生き、唄にひかれる人間を待っていた。そして、その人間が現れたとき、自分はその人に添い遂げる」と。一人暮らしの高齢者であることから認知症の疑いを持った俊介は、老婆の身元を探す。ところが、この老婆には、一切の公的な記録のない、どこにも存在しない人間だった……。



■解説

孤独を抱きしめ生きる男。心を閉ざした街で、数奇な運命に翻弄される人々とのめぐり合いが、人生を大きく変え始める…。「所在不明高齢者」「児童虐待死」「ドラッグ依存の若者」と、まさに現代日本をとりまく問題をタイムリーに取り上げ、隣人・家族からさえも失われつつある「絆」を再生する「希望」に満ちた作品。監督にはTVディレクター出身の小林克人、作家性のある映画製作のため、独立映画会社を裸一貫で起こし、製作配給を行う劇団俳優座出身の小林健二。日本では珍しい兄弟監督であり、ともに主宰した劇団時代からの息のあったコンビネーションを遺憾なく発揮し、世代を超えた人間愛を描きあげている。(作品資料より)

  • 2011年1月29日 より ユーロスペースほかにて

  • 配給:JungleWalk
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 小林克人 (コバヤシカツト) 小林健二 (コバヤシケンジ)
脚本 小林克人 (コバヤシカツト) 小林健二 (コバヤシケンジ)
プロデューサー 臼杵正孝 北村圭子 (キタムラケイコ)
撮影 黒石信淵
美術 小林稔 (コバヤシミノル)
装飾 吉川康美 (ヨシカワ)
音楽監督 甲克裕
音楽 あおい吉勇 (アオイヨシキ)
音楽プロデューサー 水落賢二
録音 原子内利彦 (ハラシナイトシヒコ)
照明 樋浦雅紀 (Masanori Hiura)
編集 小林克人 (コバヤシカツト) 小林健二 (コバヤシケンジ)
衣装デザイン 渡部純子 (ワタナベジュンコ)
メイク 渡部純子 (ワタナベジュンコ)
ヘアメイク 菊地恭子 (キクチキョウコ)
アシスタントプロデューサー 真保利基
助監督 古谷雅史
スクリプター 新井貴淑 (アライタカトシ)
その他
製作総指揮 小林健二 (コバヤシケンジ)

■キャスト

俳優名 役名
大垣知哉 (オオガキトモヤ)  武田俊介
阿部百合子 (アベユリコ)  伊隅セツ
日和佑貴 (ヒヨリユウキ)  吉村俊樹
別府あゆみ (ベップアユミ)  江本由美子
矢内龍之介 (ヤナイリュウノスケ)  大石太郎
河野正明   丸山課長
神山寛   加藤浩三
中野誠也 (ナカノセイヤ)  筒井文夫

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!