映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Livespire『ムサシ』

誰も知らない武蔵と小次郎の後日談。抱腹絶倒!井上文学の集大成!!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

慶長17年(1612)陰暦4月13日正午。豊前国小倉沖の舟島。宮本武蔵と佐々木小次郎が、互いに厳しく睨み合っている。小次郎は愛刀“物干し竿”を抜き放ち、武蔵は背に隠した木刀を深く構える。武蔵が不意に声をあげる。「この勝負、おぬしの負けと決まった」。約束の刻限から半日近くも待たされた小次郎の苛立ちは、すでに頂点に達していた。小次郎が動き、勝負は一撃で決まった。勝ったのは武蔵。佐々木小次郎の「厳流」をとって、後に「厳流島の決闘」と呼ばれることになる世紀の大一番は、こうして一瞬のうちに終わった。6年後、夏。鎌倉・源氏山宝蓮寺で寺開きの参籠禅が行われようとしていた。大徳寺の長老沢庵宗彭を導師に迎え、能狂いの柳生宗矩、寺の大檀那である木屋まいと筆屋乙女、そして寺の作事を務めたあの宮本武蔵も参加している。ところがそこへ、武蔵憎しの一年で武蔵の行方を追いかけて、小次郎が現れる。小次郎は武蔵に果し合い状をつきつけ、再対決が三日後の朝と約束されるのだが……。



■解説

井上ひさしと蜷川幸雄の書き下ろした時代劇「ムサシ」は、2009年日本演劇界の話題をさらい、翌2010年にはロンドン、NYからの正式招待を受け、世界中の喝采を浴びることになった。その「ムサシ」London & New York versionの日本凱旋公演を、高品質のデジタルシネマカメラにより、あますところなく完全収録し、緻密で大胆な蜷川演出の真髄を、映画館の大スクリーンで楽しめる。2010年4月に急逝した井上ひさしの奇想天外なストーリー、個性派ぞろいのキャストが織り成す、笑いと感動のステージ。(作品資料より)

  • 2010年12月25日 より 東劇ほか全国にて順次公開

  • 配給:ソニー株式会社
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • その他
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

演出 蜷川幸雄 (ニナガワユキオ)
脚本 井上ひさし (Hisashi Inoue)
音楽 宮川彬良 (ミヤガワアキラ)

■キャスト

俳優名 役名
藤原竜也 (Tatsuya Fujiwara)  宮本武蔵
勝地涼 (Ryo Katsuji)  佐々木小次郎
鈴木杏 (Suzuki An)  筆屋乙女
六平直政 (Naomasa Musaka)  沢庵宗彭
吉田鋼太郎 (ヨシダコウタロウ)  柳生宗矩
白石加代子 (シライシカヨコ)  木屋まい
大石継太 (オオイシケイタ)  平心
塚本幸男 (ツカモトユキオ)  浅川甚兵衛
飯田邦博 (イイダクニヒロ)  浅川官兵衛
堀文明 (ホリフミアキ)  忠助
井面猛志 (イノモタケシ)  只野有膳

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!