映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • バスキアのすべて

27歳の若さでこの世を去った天才バスキア。本人への未公開インタビューと多くの証言によるドキュメンタリー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

80年代、アートシーンで脚光を浴びた天才アーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。ブルックリンの黒人中流家庭に生まれたバスキアは、高校時代に友人と組んだグラフィティのユニット“SAMO”で、NYの地下鉄や街角に多くの落書きを残し、注目を浴びる。やがて絵画制作を本格的に始めたバスキアは、22歳の時に開いた個展でブレイク。急速に有名人になるが、成功と引き換えにドラッグにのめりこんだ。そして早すぎる死が訪れる…。



■解説

バスキアがポピュラリティを得ていった80年代初頭は、それまでどちらかといえばインテリものだったアートに対し、ストリート発のアートが脚光を浴びていく時期でもあった。バスキア本人の才能はもちろんだが、そうした波に乗ることによって、わずか1〜2年で大成功を収めることができたのだろう。しかし20代の若者には、そんな自分を取り巻く環境をコントロールできず、やがてドラッグに溺れていく。本作はそんなバスキアの短い生涯を、長らく未発表だった本人へのインタビュー映像や、多くの関係者たちの証言、当時の記録映像などによって綴ったものだ。10年にも満たない活動期間に、2000点にも及ぶ作品を残した、その旺盛な創作意欲には驚くしかない。

  • 2010年12月18日 より シネマライズほか全国にて順次公開

  • 配給:CJ Entertainment Japan
  • 製作国:アメリカ(2010)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 タムラ・デイヴィス (Tamra Davis)
製作総指揮 マヤ・ホフマン (Maya Hoffmann)
製作 タムラ・デイヴィス (Tamra Davis)
撮影 デヴィッド・コー (David Koh) ハーリー・ゲラー (Harry Geller) タムラ・デイヴィス (Tamra Davis)
字幕 石田泰子 (Yasuko Ishida)

■キャスト

俳優名 役名
ジャン=ミシェル・バスキア (Jean-Michel Basquiat) 
ジュリアン・シュナーベル (Julian Schnabel) 
ファブ・5・フレディ (Fab 5 Freddy) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!