映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 武士の家計簿

幕末から明治への激動の時代を、知恵と愛で生き抜いた家族の物語

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。江戸時代後期、加賀藩も例にもれず財政状況は逼迫していた。加えて武家社会では出世するにつれ出費も増え続けるという構造的な問題があった。猪山家の家計が窮地にあることを知った直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断、家族全員で倹約生活を行うことにする。



■解説

幕末の武士の生活を生き生きと説いた磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を、ベテラン森田芳光監督が映画化。代々加賀藩の財政に携わってきた下級武士が、妻の支えを得ながら一家、そして藩の財政を切り盛りしていく姿を描いている。世間体や時流に惑わされることなく、つつましく謙虚に、堅実に生きていった家族の絆と愛情を描いた物語だ。主人公を演じるのは、映画・ドラマに大活躍の堺雅人、その献身的な良妻を仲間由紀恵が演じている。猪山家の家計簿からよみがえる下級武士一家の暮らしぶりに、先行き不透明な現代に生きる我々への、時代を生き抜くためのヒントが隠されているのかもしれない。

  • 2010年12月4日 より 丸の内ピカデリーほか全国にて

  • 配給:アスミック・エース、松竹
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 森田芳光 (Yoshimitsu Morita)
脚本 柏田道夫 (カシワダミチオ)
原作 磯田道史 (イソダミチフミ)
エグゼクティブプロデューサー 飛田秀一 (トビタヒデカズ) 豊島雅郎 (テシママサオ) 野田助嗣 原正人 (ハラマサト)
プロダクション統括 永井正夫 (ナガイマサオ)
プロデューサー 元持昌之 (モトモチマサユキ)
撮影 沖村志宏 (オキムラユキヒロ)
美術 近藤成之 (コンドウナリユキ)
装飾 鎌田康男 (カマタヤスオ)
音楽 大島ミチル (オオシマミチル)
録音 橋本文雄 (ハシモトフミオ)
照明 渡邊三雄
編集 川島章正 (カワシマアキマサ)
アソシエイト・プロデューサー 岩城レイ子 (イワシロレイコ) 三沢和子 (ミサワカズコ)
コ・アソシエイトプロデューサー 真壁佳子 池田史嗣
制作担当 砥川元宏 (トガワモトヒロ)
助監督 増田伸弥 (マスダノブヤ)

■キャスト

俳優名 役名
堺雅人 (Masato Sakai)  猪山直之
仲間由紀恵 (Nakama Yukie)  猪山駒
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)  猪山常
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)  おばばさま
西村雅彦 (Masahiko Nishimura)  西永与三八
伊藤祐輝 (イトウユウキ)  猪山成之
藤井美菜 (Mina Fujii)  猪山政
大八木凱斗 (オオヤギカイト)  猪山直吉
嶋田久作 (Kyusaku Shimada) 
宮川一朗太 (Ichirota Miyakawa) 
小木茂光 (Shigemitsu Ogi) 
茂山千五郎  
中村雅俊 (Masatoshi Nakamura)  猪山信之

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!