映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 死刑台のエレベーター

傑作サスペンスが、50年の時を経て甦る

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

大手企業グループの社長夫人・手都芽衣子は、傘下の国際医療ボランティア機構の主任医師・時籐隆彦と愛人関係。年の離れた夫を自殺に見せかけ、殺害することを計画する。VIPの来日で交通規制が敷かれ人気がなくなった犯行当日、芽衣子は約束の場所で時籐を待つが彼は一向に現れない。芽衣子はいら立ちを募らせていた。その頃、時籐は社長殺害を遂げるが、エレベーターの中に閉じ込められるアクシデントに巻き込まれていた…。



■解説

誰もが認めるヌーベルバーグの傑作であるルイ・マル監督の同名作品を、世界で初めてリメイク。不倫関係にある男女が完全犯罪を企てるが、男がエレベーターに閉じ込められ、やがて計画に狂いが生じていく様を描くサスペンス。愛の欲望に人生を狂わせる男を阿部寛が、男を操る魔性の女を吉瀬美智子がそれぞれ好演。中でも女のエゴイズムを持ち前のクールさで体現した吉瀬の演技に注目。また、もう一つ殺人事件に手を染める若いカップルを演じる玉山鉄二と北川景子の存在感も抜群だ。監督は、『いつか読書する日』『のんちゃんのり弁』の緒方明。有名すぎるオリジナルを基に、現代の日本に(ロケ地は横浜)どう置き換えたか、注目したい。

  • 2010年10月9日 より 角川シネマ新宿ほか全国にて

  • 配給:角川映画
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 緒方明 (Akira Ogata)
特撮監督 尾上克郎 (オノウエカツロウ)
脚本 木田薫子 (キダカオルコ)
エグゼクティブプロデューサー 葉梨忠男 (ハナシタダオ)
プロデューサー 小椋悟 (オグラサトル)
撮影 鍋島淳裕 (ナベシマアツヒロ)
美術デザイナー 鈴木千奈 (China Suzuki)
美術 磯見俊裕 (イソミトシヒロ)
装飾 須坂文昭 (スサカフミアキ)
音楽 山本友樹 (Youki Yamamoto)
主題歌 Jazztronik (Jazztronik)
録音 星一郎 (ホシイチロウ)
整音 星一郎 (ホシイチロウ)
音響効果 今野康之
照明 三重野聖一郎 (ミエノセイイチロウ)
編集 矢船陽介 (ヤフネヨウスケ)
衣装 宮本まさ江 (Masae Miyamoto)
ヘアメイク 井川成子 (イガワセイコ)
ギター演奏 渡辺香津美 (ワタナベカズミ)
キャスティング おおずさわこ (オオズサワコ)
アソシエイト・プロデューサー 安斎みき子 (アンザイミキコ) 井上潔 (イノウエキヨシ)
助監督 浅利宏 (アサリヒロシ)
スクリプター 川野恵美
VFXプロデューサー 大屋哲男 (オオヤテツオ)
VFXスーパーバイザー 道木伸隆 (ミチキノブタカ)

■キャスト

俳優名 役名
吉瀬美智子 (Kichise Michiko)  手都芽衣子
阿部寛 (Hiroshi Abe)  時籐隆彦
玉山鉄二 (Tetsuji Tamayama)  赤城邦衛
北川景子 (Kitagawa Keiko)  松本美加代
平泉成 (Sei Hiraizumi)  神健太郎
りょう (Ryo)  中井朔美
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)  手都孝光
柄本明 (Akira Emoto)  柳町宗一
笹野高史 (Takashi Sasano)  遠野
熊谷真実 (クマガイマミ)  恩田真紀子
田中哲司 (Tetsushi Tanaka)  泉仙一
堀部圭亮 (Keisuke Horibe)  工藤浩一
町田マリー (マチダマリー)  並木遙
上田耕一 (Koichi Ueda)  新川署長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!