映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • SP 野望篇

ファン待望の劇場版・前編がついに公開! 尾形が密かに抱いてきた“野望”が、いま動き出す…!!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある日、尾形率いる四係のメンバーは、六本木ヒルズのイベント会場で警護に当たっていた。そんな中、これから起こりうる惨劇を特殊な能力“シンクロ(同調)”で感じ取った井上は、傘を持ったスーツ姿の男をマークするよう仲間に知らせる。だが笹本が声をかけた途端、その男は逃走。井上らは都内のど真ん中で壮絶な追跡を繰り広げ、ようやく地下鉄の構内で男を確保する。しかしこの騒動をマスコミに大きく報じられたことから、井上は「SPとして適切な職務執行の域を超えるな」と警護課長からクギを刺されてしまう。



■解説

07年秋にフジテレビ系で放送が開始され、08年春にはスペシャル版が作られた「SP 警視庁警備部警護課第四係」。その斬新な作風が大きな反響を呼び、深夜枠としては史上最高の視聴率をマーク。早々に映画化の話が持ち上がりながらも、「ドラマを超えなければ意味がない」と製作が難航してきた劇場版が、ついに二部作として完成した(第二弾「革命篇」は2011年春公開予定)。主演の岡田准一は、ドラマの企画立ち上がりと同時にFBIが訓練に正式導入しているフィリピン武術「カリ」の猛特訓を開始。さらに本当に実現するかもわからなかった「SP」劇場版のためだけに、ドラマ終了後も「修斗(USA SHOOTO)」、「ジークンドー(Jeet Kune Do)」をさらに追加し、体作りを続けてきたという。そんな彼がノースタントで挑んだアクションシーンは、本作の大きな見どころだ。また「ハリウッドクオリティの日本映画」をコンセプトにした本作では、ハリウッドの一流スタジオがVFX、色調調整、サウンドなどを担当。これまでの邦画とは違う“質感”を、ぜひ確かめてほしい。

■スタッフ

監督 波多野貴文 (ハタノタカフミ)
アクション監督 大内貴仁 (オオウチタカヒト)
脚本 金城一紀 (カネシロカズキ)
原案 金城一紀 (カネシロカズキ)
エグゼクティブプロデューサー 石原隆 (イシハラタカシ) 和田行 (ワダイク) 島谷能成 (シマタニヨシシゲ) 加太孝明 (カタタカアキ)
製作 亀山千広 (カメヤマチヒロ) 藤島ジュリー景子 (フジシマジュリーケイコ)
プロデューサー 関口大輔 (セキグチダイスケ) 稲葉直人 (イナバナオト) 中島久美子 (ナカジマクミコ) 古群真也
撮影 相馬大輔 (ソウマダイスケ)
美術デザイン あべ木陽次 竹中健
美術プロデュース 宮崎かおる (ミヤザキカオル)
音楽 菅野祐悟 (スガノユウゴ)
録音 阿部茂 (アベシゲル)
サウンドデザイン トム・マイヤー (トム・マイヤー)
照明 和田雄二 (ワダユウジ)
編集 穂垣順之助 (ホガキジュンノスケ)
選曲 藤村義孝 (フジムラヨシタカ)
制作担当 鹿浜勉
助監督 田澤裕一 (タザワユウイチ)
記録 目黒亜希子 (メグロアキコ)
VFXスーパーバイザー ロバート・スコタック (Robbert Skotak)
美術進行 福井大
VFXディレクター 山本雅之 (ヤマモトマサユキ)
スーパーバイザー 杉山泰一

■キャスト

俳優名 役名
岡田准一 (Junichi Okada)  井上薫
真木よう子 (Maki Yoko)  笹本絵里
松尾諭 (マツオサトシ)  山本隆文
神尾佑 (カミオユウ)  石田光男
野間口徹 (ノマグチトオル)  田中一郎
香川照之 (Teruyuki Kagawa)  伊達國雄
堤真一 (Shinichi Tsutsumi)  尾形総一郎
山本圭 (Kei Yamamoto)  麻田雄三
丸山智己 (Tomomi Maruyama)  スーツ姿の男
堀部圭亮 (Keisuke Horibe)  伊達の秘書
古山憲太郎 (フルヤマケンタロウ)  木内教永
伊達暁 (ダテサトル)  梶山光彦
螢雪次朗 (Yukijiro Hotaru)  田辺晋一

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!