映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 拳銃野郎

井田探が監督したアクションドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

刑務所を出所したばかりのキラー・ジョーと親爺の二人はタッグ・チームを組んで街に出た。キラー・ジョーは、殺しにかけてはスゴ腕で、やくざの憧れの的であった。そのジョーは、親子程も歳の違う親爺の娘を探すために街に出た。スゴ腕をきかすジョーは、チンピラに鉄挙をあびせては金をまきあげ、まず紳士然とした身なりを整え、親爺と理髪店に寄ったところを、この街のボス北村松五郎の殺し屋洋次に襲われたそしてカミソリをつきつけられた揚句有金全部を奪われた。金がなくても、紳士の気分で、高級ホテルを泊り歩くジョーの度胸に、親爺はめんくらっていた。



■解説

「月曜日のユカ」の斎藤耕一と「午前零時の出獄(1963)」の中野顕彰が共同でシナリオを執筆「男の紋章 喧嘩状」の井田探が監督したアクションドラマ。撮影もコンビの萩原泉。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1965)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • ドラマ

■スタッフ

監督 井田探 (イダモトム)
脚本 斎藤耕一 (Koichi Saito) 中野顕彰
企画 水の江瀧子 (ミズノエタキコ)
撮影 萩原泉 (ハギワライズミ)
美術 柳生一夫 (ヤギュウカズオ)
音楽 山本丈晴 (ヤマモトタケハル)
録音 八木多木之助 (ヤギタキノスケ)
照明 大西美津男 (オオニシミツオ)
編集 井上親弥 (Chikaya Inoue)
スチル 石川久宣

■キャスト

俳優名 役名
高橋英樹 (Hideki Takahashi)  キラー・ジョー
伊藤雄之助 (イトウユウノスケ)  親爺
名古屋章 (ナゴヤアキラ)  洋次
十朱幸代 (Toake Yukiyo)  可奈子
吉田毅   少年
伊藤るり子 (イトウルリコ)  少女
浜村純 (ハマムラジュン)  花村源吉
滝沢修 (Osamu Takizawa)  北村松五郎
高品格 (タカシナカク)  大熊
弘松三郎 (ヒロマツサブロウ) 
河野弘 (コウノヒロシ)  若松
玉村駿太郎 (タマムラシュンタロウ)  原島
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)  洋装店の主人
高田栄子 (タカダエイコ)  深川の主婦・A
新井麗子 (アライレイコ)  深川の主婦・B
野呂圭介 (ノロケイスケ)  若者・A
武田賢一 (タケダケンイチ)  若者・B
沢美鶴 (サワミツル)  若者・C
倉田栄三   若者・D
田畑善彦   子分
大庭喜儀   子分B
由利徹 (ユリトオル)  管理人
井田武 (イダタケシ)  銀行係員
秋山耕志 (アキヤマコウシ)  受付の男
衣笠真寿男 (キヌガサマスオ)  ホテルのボーイ
佐山俊二 (サヤマシュンジ)  マッサージ師
市川好朗 (イチカワヨシロウ)  川瀬
桂小金治 (カツラコキンジ)  中年の男
荒井岩衛   男・A
立川博   男・B
郷英治 (ゴウエイジ)  司会者
伊豆見雄 (イズミユウ)  幹事
加原武門 (カハラブモン)  興業者
二木草之助   役員・A
井東柳晴 (イトウ)  役員・B
大泉滉 (オオイズミアキラ)  取調官
相原巨典 (アイハラキョスケ)  サラリーマン
雪丘恵介 (ユキオカケイスケ)  刑事
アントニオ古賀 (アントニオコガ)  歌手

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!