映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ナイト・トーキョー・デイ

  • R-15

トーキョーにあふれる音と色をフィルムに焼きつけた、菊地凛子主演のスペイン映画

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

築地の魚市場で働く女性・リュウは、殺し屋という裏の顔を持っていた。ある日、彼女に石田という男が、スペイン人男性・ダビの殺害を依頼してくる。リュウはダビの経営するワインショップでダビと言葉を交わし、彼に惹かれていく。ふたりは、ミドリとダビが毎週利用していたという、電車のシートを模したベッドのあるラブホテルで、何度も体を重ねる。そんな二人の会話を、リュウの友人である初老の録音技師が密かに聞いていた。



■解説

スペインのイザベル・コイシェ監督が、東京を舞台に撮影した本作。菊地凛子、田中泯、中原丈雄、榊英雄とメインキャストはほぼ日本人であるにも関わらず、明らかに邦画とは違う、独特な雰囲気の作品に仕上がっている。舞台や登場するモチーフも、築地市場、毒々しいネオンと変わったつくりのラブホテルなど、外国人から見て不思議に思えるであろう場所が多く登場する。女殺し屋を演じる菊地凛子が演じるリュウは、自分のことを多く語らない謎めいた女性。国際的に活躍する菊地にぴったりな役柄だが、少し現実感が薄いのが難点か。スペイン人男性・ダビと、リュウに惹かれる老録音技師、ふたりの男性のつかの間の夢を、生々しい音と共にフィルムに焼きつけたような一作だ。

  • 2010年9月11日 より 新宿武蔵野館ほか全国にて

  • 配給:ディンゴ
  • 製作国:スペイン(2009)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 イザベル・コイシェ (Isabel Coixet)
脚本 イザベル・コイシェ (Isabel Coixet)
製作総指揮 ハビエール・メンデス (Javier Mendez)
製作 ハウメ・ロウレス (Jaume Roures)
撮影監督 ジャン=クロード・ラリュー (Jean-Claude Larrieu)
美術 杉本亮 (スギモトリョウ)
録音 アイトール・ベレンゲール (Aitor Berenguer) ファビオラ・オルドヨ (Fabiola Ordoyo) マーク・オーツ (Mark Orts)
編集 イレーヌ・ブルキュア (Irene Blecua)
ライン・プロデューサー ベルナ・エリアス (Bernat Elias)
その他

■キャスト

俳優名 役名
菊地凛子 (Kikuchi Rinko)  Ryu
田中泯 (Min Tanaka)  Narrador
セルジ・ロペス (Sergi Lopez)  David
榊英雄 (Hideo Sakaki)  Ishida
中原丈雄 (Takeo Nakahara)  Nagara

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!