映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 舞台『鉄人28号』

ロボットSF漫画の名作が復活。アニメ界の鬼才・押井守が満を持して放つ、舞台初演出作品。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1964年、戦後の終焉を告げる一大国家イベント<東京オリンピック>の開催間近。敷島博士は、帝国陸軍の決戦兵器として開発された<試製二十八号>を悪と戦う正義の巨人<鉄人28号>として蘇らせ、戦前の科学者たちが戦争に加担した過ちを二度と繰り返さないため、鉄人を一人の少年−戦後に生を受け、民主主義に育まれた金田正太郎−に委ねる。オリンピックを前に街の浄化活動が進む首都で野犬狩りの嵐が吹き荒れる中、警察署長の大塚は、ついに東京最後の野犬<有明フェリータ>の捕獲に成功するが、直後、東京オリンピック阻止という政治目標を掲げる過激派<人狼党>から「今宵、囚われの恋人を奪還する」という謎めいた犯行予告を突きつけられてしまう。人狼党党首・犬走一直が狙うのは反体制分子が生きる偶像として崇めるフェリータだと睨んだ大塚署長は、正太郎や敷島博士と共にフェリータを拘留している野犬収容所へと向かう。だが、犬走の取った行動は思わぬものだった。



■解説

1956年に連載をスタートした横山光輝のコミックを原作に、アニメ化や実写映画化、CMなどにも登場し、50余年の長きに渡り、世代を超えて支持されてきた不杯の名作「鉄人28号」を、映画監督・押井守が舞台化。企画段階で、オリジナルか原作モノかタイトルを思案した押井監督は、最終的に映画化の依頼があったこともある同作に行き着いた。南果歩、池田成志、ダイアモンド・ユカイ、サンプラザ中野くん他、豪華キャスト陣とスタッフが集結し、歌あり踊りあり笑いあり涙ありの奇想天外な娯楽作品となった。本作は2009年1月10日から25日まで上演された東京公演を収録。(作品資料より)

  • 2010年8月7日 より ユーロスペース(レイト)ほかにて

  • 配給:デイズ
  • 製作国:日本(−)
    • ジャンル:
    • その他

■スタッフ

演出 押井守 (オシイマモル)
演出補 竹下宏太郎 (タケシタコウタロウ)
演出助手 高梨由 (Yu Takanashi)
脚本 押井守 (オシイマモル)
原作 横山光輝 (ヨコヤマミツテル)
エグゼクティブプロデューサー 小川友次
プロデューサー 村上洋志 (ムラカミヒロシ) 久保淳 (クボジュン)
制作 安積智子
鉄人デザイン 末弥純 (スエヤジュン)
美術 磯見俊裕 (イソミトシヒロ) 黒川通利 (クロカワトシミチ)
道具制作 桜井敏郎 唐崎修
音楽 川井憲次 (カワイケンジ)
音響 若林和弘 (Kazuhiro Wakabayashi)
音響システム 松山典弘
照明 佐藤啓
衣装デザイン 竹田団吾
作詞 児島由美 (ゴシマユミ)
キャスティング 才士真司 (サイトシンジ)
アシスタントプロデューサー 黒田仁子
音響効果制作 伊藤道廣
特殊効果 糸田正志
振付 竹下宏太郎 (タケシタコウタロウ)
ボイスコーディネーター 浦崎直邦
鉄人制作 秋山直樹 光井清陽
フラワーコーディネーター 櫻井忍
舞台監督 森下紀彦 (モリシタノリヒコ)

■キャスト

俳優名 役名
南果歩 (Minami Kaho) 
池田成志 (Narushi Ikeda) 
ダイアモンドユカイ (Diamond Yukai) 
田鍋謙一郎 (タナベケインチロウ) 
藤木義勝 (フジキヨシカツ) 
載寧龍二 (サイネイリュウジ) 
永田彬 (ナガタアキラ) 
小野健斗 (オノケント) 
吉田友一 (ヨシダトモカズ) 
鈴木雄貴 (スズキユウキ) 
西田佳づ美 (ニシダカヅミ) 
サンプラザ中野くん (サンプラザナカノクン) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!