映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ラバーズ 覆う女

  • R-15

ゴムに萌えて、激しく悶える。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

弁当工場で働く村田沙夜子は、息の詰まる仕事を淡々とこなす毎日を送っていた。そんな彼女には、仲の良い友達にさえも打ち明けられない秘密があった。それは、“ラバーフェチ”という性癖。家に帰ると真っ先にラバースーツに身を包む。光沢、匂い、密着感……ラバースーツに覆われることにより、彼女はやっと本当の自分になれる気がするのだった。ある日、工場に新しい主任・木下慎治が配属されてくる。“戦隊ものが好き”という共通点で急速に惹かれ合う2人。「この人なら、自分の性癖を受け入れてくれるかもしれない」と運命を感じる沙夜子だったが……。



■解説

女性たちの奇妙な性癖を描く、AMGエンタテインメントの新レーベル“ENOUGH(イナフ)”が贈るエロスシリーズ第2弾。前作『ヘクトパスカル 疼く女』の“嵐がくると疼く女”に続く本作で描かれるのは、“ラバーフェティッシュの女”。ラバーフェティッシュとは、ラバー(=ゴム)素材の衣服で自分自身を覆うことが好き、またそれにより快感を覚える性的嗜好のこと。主人公の沙夜子を演じたのは、映画やバラエティなどで活躍中の人気アイドル・希志あいの。共演は、数多くの作品に出演し、今や日本映画に欠かせない存在ともいえる、個性派俳優の山本浩司。監督は、『スラッカーズ 傷だらけの友情』『バカは2回海を渡る』の渡邊貴文。(作品資料より)

  • 2010年7月10日 より ヒューマントラストシネマ渋谷(レイト)にて

  • 配給:スタジオブルー
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • アダルト
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 渡邊貴文
脚本 山咲藍 (ヤマザキアイ)
エグゼクティブプロデューサー 永森裕二 (ナガモリユウジ)
プロデューサー 平体雄二 (ヒラタイユウジ) 飯塚達介
撮影 伊東伸久 (イトウノブヒサ)
美術 松塚隆史 (マツヅカタカシ)
音楽 スパン子 (スパンコ)
録音 飴田秀彦 (アメダヒデヒコ)
音響効果 勝俣まさとし (カツマタマサトシ)
照明 守利賢一
ライン・プロデューサー 奥田順一
助監督 杉田満

■キャスト

俳優名 役名
希志あいの (キシアイノ)  村田沙夜子
山本浩司 (ヤマモトヒロシ)  木下慎治
弓削智久 (ユゲトモヒサ) 
吉田智美 (ヨシダサトミ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!