映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • レポゼッション・メン

  • R-15

ジュード・ロウが人工臓器を回収する“レポ・メン”を演じる、近未来アクション

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メンを差し向け、臓器を容赦なく「回収」していた。一流のレポ・メンであるレミーは、親友のジェイクとともに回収した臓器の数を競っていた。しかしレミーの妻は人の命を奪う夫の仕事に嫌気がさし、家を出てしまう。ある日、レミーは仕事中に「事故」に合い、今度は自分に人工心臓が取り付けられる事態に陥る。



■解説

大企業が支配する近未来を描いたSF作品は多いが、本作はシリアスな中にもユーモアを入れている。人工臓器が普及している、そう遠くない未来。人々はローンに追われ、命はその臓器よりも軽い。この世界では、取立てのために命を奪うことは合法的。女子供だろうが、支払いが滞れば、殺され容赦なく臓器を抜かれる。そんな世界で、腕利きの人工臓器回収人“レポ・メン”は、合法的な殺人者だ。ところが主人公は、弱者を狩る立場から一転し、自分が追われる立場になる。そこで初めて今まで自分がしてきた事に疑問を持つのだ。友人のレポ・メンを演じるフォレスト・ウィテカーの陽性な演技が、ダークな話の息抜き的な存在で、いい味を出している。

  • 2010年7月2日 より TOHOシネマズみゆき座ほか全国にて

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:アメリカ=カナダ(2010)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ミゲル・サポチニク (Miguel Sapochnik)
脚本 エリック・ガルシア (Eric Garcia) ギャレット・ラーナー (Garrett Lerner)
原作 エリック・ガルシア (Eric Garcia)
製作総指揮 ミゲル・サポチニク (Miguel Sapochnik) ジョナサン・モーン (Jon Mone) マイク・ドレイク (Mike Drake) ヴァレリー・ディーン (Valerie Dean) アンドリュー・Z・デイヴィス (Andrew Z. Davis)
製作 マリー・パレント (Mary Parent) スコット・ステューバー (Scott Stuber)
撮影監督 エンリケ・シャディアック (Enrique Chediak)
プロダクション・デザイン デヴィッド・サンドファー (David Sandefur)
音楽 マルコ・ベルトラミ (Marco Beltrami)
編集 リチャード・フランシス・ブルース (Richard Francis Bruce)
衣装デザイン キャロライン・ハリス (Caroline Harris)
字幕 岡田壮平

■キャスト

俳優名 役名
ジュード・ロウ (Jude Law)  Remy
フォレスト・ウィテカー (Forest Whitaker)  Jake
リーヴ・シュレイバー (Liev Schreiber)  Frank
アリシー・ブラガ (Alice Braga)  Beth
カリス・ファン・ハウテン (Carice van Houten)  Carol
チャンドラー・カンタベリー (Chandler Canterbury)  Peter
ライザ・ラピラ (Liza Lapira)  Alva
イヴェット・ニコル・ブラウン (Yvette Nicole Brown)  Rhodesia
タニア・クラーク (Tanya Clarke)  Hooker
The RZA (The RZA)  T-Bone
クリスチャン・ロイド (Christian Lloyd)  Addict
ジョー・ピンギー (Joe Pingue)  Ray

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!