映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • イヴの時間 劇場版

web配信で人気を博したオリジナル・アニメーション、ついに劇場公開!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ロボット倫理委員会の影響で、人々がアンドロイドを“家電”として扱う事が常識の時代。頭上のリング以外は人間と全く変わらない外見により、必要以上にアンドロイドに入れ込む若者“ドリ系”が現れ、社会問題になっていた。高校生のリクオも幼少からの教育によりアンドロイドを便利な道具として利用していた。ある時、リクオは自家用アンドロイドのサミィの行動記録の中に含まれている不審な文字列に気付く。行動記録を頼りに親友マサキとたどり着いた先は、人間とロボットの区別をしないというルールを掲げる喫茶店“イヴの時間”だった。そこにきたアンドロイドたちは、店のルールに従い、一律にリングを外し、人間さながらの行動をしていた。そこで知り合った常連客のアキコから、ここへやってくる理由を聞く。アキコにとっては、人間もアンドロイドも、皆、家族だという。ところが、どんなに見た目がそっくりでも中身は全然違う。だからこそ、よくこう思うようにしているのだとか。『あなたは私をどう思っているの?』と。アンドロイドも家族だからこそ、もっとわかってあげたいというアキコの言葉を聞き、リクオの心は揺れ動く……。



■解説

2008年にweb配信という形でスタートし、その圧倒的なクオリティからネット上で評判を呼び、瞬く間に人気を博したオリジナル・アニメーション「イヴの時間」。全6話を再編成・新規シーンを追加した、ファーストシーズン完全版が劇場に登場。(作品資料より)

  • 2010年3月6日 より 池袋テアトルダイヤ、テアトル梅田にて

  • 配給:アスミック・エース エンタテインメント
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 吉浦康裕 (ヨシウラヤスヒロ)
演出補佐 安藤伸幸 (Nobuyuki Ando) 安喰秀一 (Hidekazu Akui)
脚本 吉浦康裕 (ヨシウラヤスヒロ)
原作 吉浦康裕 (ヨシウラヤスヒロ)
プロデューサー 長江努 (ナガエツトム)
キャラクター・デザイン 茶山隆介 (チャヤマリュウスケ)
作画監督 茶山隆介 (チャヤマリュウスケ)
撮影補佐 長谷川拓哉 (Takuya Hasegawa)
音楽 岡田徹 (オカダトオル)
主題歌 Kalafina (Kalafina)
ミキサー 古谷正志 (フルヤマサシ) 立花康夫 (タチバナヤスオ) 青木正俊 (Masatoshi Aoki)
音効 大久保和美 (オオクボカズミ)
制作担当 真家祐也 (マイエユウヤ) 安部勇士 (アベユウジ) 池部博也 (イケベヒロヤ)
色彩設計 井上あきこ (イノウエアキコ)
出演(声) 福山潤 (フクヤマジュン) 野島健児 (ノジマケンジ) 田中理恵 (タナカリエ) 佐藤利奈 (サトウリナ) ゆかな (ノガミユカナ) 中尾みち雄 (ナカオミチオ) 伊藤美紀 (イトウミキ) 清川元夢 (キヨカワモトム) 沢城みゆき (サワシロミユキ) 杉田智和 (スギタトモカズ) 水谷優子 (ミズタニユウコ) 山口由里子 (ヤマグチユリコ) 榎本温子 (エノモトアツコ) 石塚運昇 (イシヅカウンショウ) 斎賀みつき (サイガミツキ) 野島昭生
3Dモデリング協力 小野修 (オノオサム) 松本泰史 (Yasuhumi Matsumoto)
美術協力 木霊 (Kodama) ホッチカズヒロ (Kazuhiro Hotchi) 増山修 (Osamu Masuyama)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!