映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

週刊少年ジャンプの看板コミック、満を持してスクリーンに登場! あの名作“紅桜篇”が鮮やかに甦る!!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

江戸の町で万事屋(なんでも屋)を営む銀時の元に、刀鍛冶の兄妹から仕事の依頼が舞い込む。亡き父の打った稀代の名刀“紅桜”が何者かに盗まれたので、取り戻してほしいというのだ。時を同じくして、万事屋の従業員・志村新八と神楽の2人は、別件の依頼で行方不明になった桂の捜索を開始。2人は桂の失踪に、近頃、江戸の町を騒がせている“辻斬り”が関係しているのではと睨む。一方の銀時も、噂の辻斬りがまるで生き物のようにうごめく妖刀を手にしていたという情報を仕入れ、彼を捜し始める。



■解説

2003年に週刊少年ジャンプに初登場し、2010年には連載7年目に突入する大江戸SFギャグ漫画「銀魂」。2006年からはTVアニメの放送も開始され、ファンを着実に増やしてきた人気作が、ついに“銀幕”デビューする。今回の劇場版では、TVシリーズでも好評だった人気長編「紅桜篇」を、新たな解釈を加えた完全新作として再映像化。さらに迫力を増した格闘シーン、おなじみの人気キャラクターの総出演など、ファンサービスもめいっぱいの注目作だ。もちろん、銀時・桂・高杉の知られざる過去のエピソードや現在の葛藤、普段は“ゆるキャラ”な主人公・銀時が珍しく(?)本気全開の戦闘シーンなど、シリーズの魅力と、物語の根幹に触れる要素がぎっしり。また配給会社のワーナー・ブラザース映画さえおちょくった、銀魂らしいオープニング&エンディングなど、隅からスミまで見逃せない!!

  • 2010年4月24日 より 全国にて

  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • アニメーション
    • |
    • 任侠/時代劇
    • |
    • アクション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 高松信司
監修 藤田陽一 (フジタヨウイチ)
脚本 大和屋暁 (ヤマトヤアキラ)
原作 空知英秋 (ソラチヒデアキ)
キャラクター・デザイン 竹内進二 (タケウチシンジ)
総作画監督 竹内進二 (タケウチシンジ)
主題歌 DOES (ドーズ)
出演(声) 杉田智和 (スギタトモカズ) 阪口大助 (サカグチダイスケ) 釘宮理恵 (クギミヤリエ) 石田彰 (イシダアキラ) 子安武人 (コヤスタケヒト) 千葉進歩 中井和哉 (ナカイカズヤ) 鈴村健一 (スズムラケンイチ) 日野聡 (ヒノサトシ) 山寺宏一 (ヤマデラコウイチ) 高橋美佳子 (タカハシミカコ) 太田哲治 (オオタテツハル) 大塚芳忠 (オオツカホウチュウ) 山崎たくみ (ヤマザキタクミ) 早水リサ (ハヤミズリサ) 茶風林 (チャフウリン) 青山穣 (アオヤマジョウ) 雪野五月 (Satsuki Yukino) くじら 杉本ゆう (スギモトユウ) 小林ゆう (コバヤシユウ) 折笠富美子 (オリガサフミコ) 大西健晴 (オオニシタケハル) 根本圭子 (ネモトケイコ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!