映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アダムス・ファミリー

    (原題:The Addams Family)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

鉄の門に閉ざれた館。ここには不気味なアダムス一家が住んでいる。当主のゴメス(ラウル・ジュリア)と妻のモーティシア(アンジェリカ・ヒューストン)、彼らの子供たちウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)とパグズリー(ジミー・ワークマン)、モーティシアの母グラニー(ジュディス・マリーナ)、執事のラーチ(カレル・ストライケン)、そして「ハンドくん」と呼ばれる切断された手…。一家の弁護士タリー(ダン・ヘダヤ)は借金で首が回らず、高利貸しのアビゲイル(エリザベス・ウィルソン)にそそのかされてアダムス家の財産を狙っていた。アビゲイルの息子ゴードン(クリストファー・ロイド)が25年間行方不明になっているゴメスの兄フェスターにそっくりなのに目をつけ、彼をフェスターに仕立て上げて一家を乗っ取ろうというのだ。そんなこととは知らないゴメスは兄との再会に大喜びだが、長女ウェンズデーだけは疑いの目を向ける。秘かに一家の財産のありかを捜すうち、子供たちもゴードンになついてくるが、一家でパーティーが開かれた日、ウェンズデーにアビゲイルとの会話を聞かれてしまう。ゴードンたちに追われてウェンズデーは、墓地に逃げる。ウェンズデーの姿が見えないことを心配したアダムス一家が総出で彼女を捜すうち、タリーとアビゲイルによって邸から締め出されてしまう。裁判で一家の財産はニセのフェスターに渡る判決が出されてしまったのだ。仕方なく一家はそれぞれ仕事を始めたが、すっかり元気をなくしたゴメスに見かねてモーティシアは、アダムス邸に向かうがあえなく捕まってしまう。ハンドくんに知らせを受けたゴメスは愛する妻の救出に向かい、タリーとアビゲイルを倒す。そしてその時のショックでゴードンは失っていた記憶を取り戻す。実は彼は本物のフェスターで、記憶を失っている間にアビゲイルの養子となっていたのだ。こうしてアダムス一家は再び邸に戻ることができたのだった。



■解説

チャールズ・アダムス原作で、TVシリーズ化されたこともある漫画“The Addams Family”(TVタイトルは『アダムスのお化け一家』)の映画化。監督は「ミラーズ・クロッシング」などのカメラマンで、これが監督デビューとなるバリー・ソネンフェルド、製作は「心の旅」のスコット・ルーディン、エグゼクティヴ・プロデューサーはグラハム・プレース、脚本は「ビートルジュース」のラリー・ウィルソンと「シザーハンズ」のキャロライン・トンプソン、撮影は「殺したいほど アイ・ラヴ・ユー」のオーウェン・ロイズマン、音楽は「シティ・スリッカーズ」のマーク・シャイマンが担当。

  • 1992年4月25日 より

  • 配給:コロンビア・トライスター
  • 製作国:アメリカ(1991)

■スタッフ

監督 バリー・ソネンフェルド (Barry Sonnenfeld)
脚本 キャロライン・トンプソン (Caroline Thompson) ラリー・ウィルソン (Larry Wilson)
製作総指揮 グラハム・プレース (Graham Place)
製作 スコット・ルーディン (Scott Rudin)
キャラクター創造 チャールズ・アダムス (Charles Addams)
撮影 オーウェン・ロイズマン (Owen Roizman)
美術 リチャード・マクドナルド (Richard MacDonald)
音楽 マーク・シャイマン (Marc Shaiman)
編集 デデ・アレン (Dede Allen)
特殊効果 アラン・ムンロー (Alan Munro)
特殊メイク フェーン・ブフナー (Fern Buchner)
字幕 稲田嵯裕里 (Sayuri Inada) 竹内万里 (Mari Takeuchi)

■キャスト

俳優名 役名
アンジェリカ・ヒューストン (Anjelica Huston)  Morticia
ラウル・ジュリア (Raul Julia)  Gomez
クリストファー・ロイド (Christopher Lloyd)  Fester
エリザベス・ウィルソン (Elizabeth Wilson)  Abdgail
ジミー・ワークマン (Jimmy Workman)  Pugsley
クリスティーナ・リッチ (Christina Ricci)  Wednesday
カレル・ストライケン (Carel Struycken)  Lurch
ダン・ヘダヤ (Dan Hedaya)  Tully
ダナ・アイヴィ (Dana Ivey)  Margaret

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!