映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • けろけろけろっぴのびっくり!おばけやしき

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

いとこのけろっぺから、けろっぴに手紙が届いた。最近けろっぺの隣家の屋敷に夜な夜なおばけが出るという噂が立ち、大変怖い思いをしているとのこと。けろっぴたちは、おばけの正体を暴いてやろうと、けろっペの家を訪ね、夜、脅えるけろっぺを残し、屋敷に乗り込む。木や自分たちの影をおばけと間違えてビクビクしながらも、白い布を纏ったおばけを発見。その正体はけろっぺの家のハウスキーパーであるフローラだった。彼女は元々この屋敷の令嬢で、両親の形見の品を探しにこっそり徘徊していたという。正体を掴んだけろっぴたちはひと安心、フローラも思い出の写真を見つける。しかし、そこへ侵入した泥棒コンビ、アークとニーンが写真の入った箱をお宝と勘違いして強奪。と、そこにフローラのお母さんの霊が現れ、アークたちを退治。写真を取り戻し、感動の対面も果たすのだった。次の日の朝、フローラは町に出て一流の料理人を目指したい、という置き手紙を残していなくなった。おなけ事件を片付けたけろっぴたちは、意気揚々と家に戻ったが、そこには本物のおばけが…。



■解説

サンリオ・キャラクターのひとつ、けろけろけろっぴとその仲間たちが、おばけ屋敷を探る冒険アニメ。監督は「けろけろけろっぴの三銃士」の波多正美。”サンリオアニメ・フェスティバル”の中の一本。プロジェクター上映された。

  • 1996年1月13日 より

  • 配給:サンリオ
  • 製作国:日本(1996)

■スタッフ

監督 波多正美 (ハタマサミ)
演出 野間吐晶 (ノマトショウ)
特殊効果 谷口久美子 (Kumiko Taniguchi)
脚本 西園悟 (ニシゾノサトル)
製作 辻信太郎 (Shintaro Tsuji)
チーフプロデューサー 吉川隆治
プロデューサー 高橋憲正 (Norimasa Takahashi) 波多野恒正
作画監督 野間吐晶 (ノマトショウ)
撮影 熊谷幌史 (クマガイコウジ) 藤田実 (フジタミノル)
美術設定 阿部行夫 (アベユキオ)
美術 浜名お孝 (ハマナオタカ)
音楽 池毅 (イケタケシ)
音楽プロデューサー 平松義行 (ヒラマツヨシユキ)
主題曲/主題歌 関谷雅子 (セキヤマサコ)
整音 内山敬章 (Hiroaki Uchiyama) 田中章喜 (タナカアキヨシ)
音響監督 小林克良 (Katsuyoshi Kobayashi)
編集 高島健一 (タカシマケンイチ)
色彩設定 大関たつ枝 (オオゼキタツエ)
出演(声) 松尾佳子 三浦雅子 (ミウラマサコ) 石川寛美 (Hiromi Ishikawa) 天野由梨 (アマノユリ) 真柴摩利 (マシバマリ) 高乃麗 (タカノウララ) 滝沢ロコ (タキザワロコ) 梁田清之 山崎たくみ (ヤマザキタクミ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!