映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 花のあと

藤沢周平の珠玉の名作を映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

東北にある海坂藩。女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登は、一度だけ竹刀を交えた藩随一の剣士・江口孫四郎に、一瞬にして熱い恋心を抱く。しかし、以登にも孫四郎にも、ともに家の定めた許嫁がいた。以登はひそかな思いを断ち切って、江戸に留学中の許嫁の帰りを待ち続ける。数か月後、以登のもとに藩命で江戸に向かった孫四郎が自ら命を絶ったという知らせが入る……。



■解説

『たそがれ清兵衛』『蝉しぐれ』『武士の一分』など、数々の秀作時代劇の原作者として知られる藤沢周平の同名短編小説を映画化。江戸時代の東北・海坂藩を舞台に、ひそかに思いを寄せていた武士が自ら命を絶ったことを知り、その原因となった相手に敵討ちを果たそうとする女性の姿を描く。剣の達人であるヒロイン・以登を、時代劇初挑戦となる北川景子が熱演。以登が恋心を抱く剣士に、バレエダンサーの宮尾俊太郎が扮するほか、甲本雅裕、市川亀治郎、國村隼らの実力派俳優が脇を固めている。監督は、『青い鳥』などで手堅い演出に定評のある中西健二。北川が半年間にわたる稽古のたまものという、見事な剣さばきを披露しているところが最大の見どころだろう。

  • 2010年3月13日 より 丸の内TOEI2ほか全国にて

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • 任侠/時代劇
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 中西健二 (ナカニシケンジ)
脚本 長谷川康夫 (ハセガワヤスオ) 飯田健三郎 (イイダケンザブロウ)
原作 藤沢周平 (フジサワシュウヘイ)
エクゼクティブ・プロデューサー 河野聡 (カワノサトシ) 上田めぐみ (ウエダメグミ) 大芝賢二 町田智子
企画 小滝祥平 (コタキショウヘイ) 梅澤道彦 (ウメザワミチヒコ)
製作 川城和実 (Kazumi Kawashiro) 尾越浩文 (オゴシヒロフミ) 亀山慶二 (カメヤマケイジ) 遠藤義明 (エンドウヨシアキ)
プロデューサー 森谷晁育 (モリヤチョウイク) 芳川透 (ヨシカワトオル) 松井俊之 (マツイトシユキ) 小久保聡 (コクボサトシ)
撮影 喜久村徳章 (キクムラトクショウ)
美術 金田克美 (カネダカツミ)
装飾 中山まこと (ナカヤママコト)
音楽 武部聡志 (タケベサトシ)
主題歌 一青窈 (ヒトトヨウ)
録音 武進 (タケススム)
照明 長田達也 (オサダタツヤ)
編集 奥原好幸 (オクハラヨシユキ)
ナレーション 藤村志保 (Fujimura Shiho)

■キャスト

俳優名 役名
北川景子 (Kitagawa Keiko)  以登
甲本雅裕 (Masahiro Komoto)  片桐才助
宮尾俊太郎 (ミヤオシュンタロウ)  江口孫四郎
相築あきこ (アイツキアキコ) 
佐藤めぐみ (Sato Megumi)  津勢
四代目市川猿之助 (Ennosuke Ichikawa)  藤井勘解由
伊藤歩 (Ito Ayumi)  加世
柄本明 (Akira Emoto)  永井宗庵
國村隼 (Jun Kunimura)  寺井甚左衛門

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!