映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • Dear Heart -震えて眠れ-

  • R-15

心臓移植によって殺人鬼に…実例をもとにしたサスペンスホラー

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

水島美輪子は、ミステリー作家の夫・信二を伴って、高原にある別荘を訪れた。心臓移植の手術をしたばかりの夫は小説の執筆に取りかかるが、何かに怯え、やがて少しずつ人格が豹変していく。そんな信二の様子に美輪子は戸惑い、その原因を探ろうと、別荘の管理人で甥の武とともに東京に戻る。そこで美輪子は、信二の主治医・三田に会い、実は心臓のドナーが連続殺人犯だったと聞かされるのだった。



■解説

心臓移植とともに宿されたドナーの記憶によって人格が豹変していく男と、その妻を襲う恐怖を描くサイコ・スリラー。心臓移植によって趣味嗜好が変化するという数々の実例をもとにしているという。主演は、女優としての円熟味が増す高島礼子。妻の視点から、スタンリー・キューブリックの『シャイニング』を彷彿とさせる人間の狂気が描かれる。優しい夫から一転、シリアルキラーの心が転移した男を榎木孝明が怪演。その他、加藤和樹、西村雅彦、島田陽子など、共演陣も豪華な顔ぶれだ。メガホンをとるのは『象の背中』などの井坂聡監督。それぞれのキャストの新なる恐怖の一面を引き出すことに成功しており、先の読めない展開から目が離せない。

  • 2009年12月5日 より シアターN渋谷ほか全国にて順次公開

  • 配給:エクセレントフィルムパートナーズ、ゴー・シネマ
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 井坂聡 (イサカサトシ)
脚本 伊藤秀裕 (イトウヒデヒロ)
原作 伊藤秀裕 (イトウヒデヒロ)
製作 山田浩貴 (ヤマダコウキ) 及川次雄 (オイカワツグオ)
プロデューサー 西健二郎 (ニシケンジロウ) 伊藤秀裕 (イトウヒデヒロ)
協力プロデューサー 旭正嗣 (アサヒマサツグ)
撮影監督 さのてつろう (サノテツロウ)
美術 大庭勇人 (オオバユウト)
音楽 遠藤浩二 (エンドウコウジ)
エンディングテーマ 橋詰美紗子
録音 沼田和夫 (ヌマタカズオ)
音響効果 丹雄二 (タンユウジ)
編集 矢船陽介 (ヤフネヨウスケ)
ポストプロダクションプロデューサー 金子尚樹 (カネコナオキ)
ライン・プロデューサー 鷲頭政充 (ワシズマサミツ)
製作担当 野崎竜一
助監督 佃謙介 (ツクダケンスケ)
特別出演 西村雅彦 (Masahiko Nishimura)

■キャスト

俳優名 役名
高島礼子 (Takashima Reiko)  水島美輪子
榎木孝明 (Takaaki Enoki)  水島信二
加藤和樹 (カトウカズキ) 
亀谷さやか (カメタニサヤカ)  秋吉聡子
今本洋子 (イマモトヨウコ) 
竹本聡子 (タケモトサトコ) 
蜂谷眞未 (ハチヤマミ) 
及川莉乃  
日向花蓮 (ヒナタカレン) 
しまさきまちこ (シマサキマチコ) 
板垣陽平 (イタガキヨウヘイ) 
堀口奈津美 (ホリグチナツミ) 
山内健嗣 (ヤマウチケンジ) 
松本博之 (マツモトヒロユキ) 
アスカ (アスカ) 
西山美海 (ニシヤマミナミ) 
島田陽子 (Youko Shimada)  三田

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!