映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 黄金花 −秘すれば花 死すれば蝶−

91歳、木村威雄監督が描くファンタジー・ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

老人ホーム「浴陽荘」には、植物学者の牧草太郎博士をはじめ、物理学者や役者、自称映画女優ら、個性豊かな老人たちが身を寄せ合って暮らしている。ある日、80歳を迎えた牧の誕生会が開かれた。そこに集った老人たちが口にする話は、夢と現実がごっちゃになっているようだ。人生の大半を研究に費やし、遊びも酒も女も、すべてを犠牲にして生きてきた牧博士の、最期の一日が始まる…。



■解説

美術監督として腕をふるってきた91歳の木村威夫が、監督デビュー作『夢のまにまに』に続きメガホンをとった2作目。生涯を植物学研究に捧げてきた老人が、長年探し求めていた花“黄金花”を見つけたのをきっかけに、時空を越えた魂の旅を繰り広げる様をイマジネーション豊かに描く。木村監督の発想力と感性が光る映像表現はさすがだ。老人ホームで生活する個性豊かな面々が、それぞれの過去を引きずりつつ、現実と夢の間を行き来しながらたくましく生きる様子が微笑ましい。出演は、原田芳雄や川津祐介、松原智恵子や三條美紀ら、日本映画最盛期から映画界を支えてきた名優たち。そんなベテラン俳優たちの競演も見どころ。

  • 2009年11月21日 より シネマート新宿、銀座シネパトスにて

  • 配給:太秦
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • SF/ファンタジー
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 木村威夫 (Takeo Kimura)
脚本 木村威夫 (Takeo Kimura)
原案 木村威夫 (Takeo Kimura)
プロデューサー 川端潤 (カワバタジュン)
協力プロデューサー 林海象 (Kaizo Hayashi)
撮影監督 小川真司 (オガワシンジ)
美術 丸山裕司 (Hiroshi Naruyama)
装飾 嵩村裕司 (Yuji Kasamura)
音楽 川端潤 (カワバタジュン)
録音 浦田和治 (ウラタカズハル)
整音 久保田幸雄 (クボタユキオ)
編集 白尾一博 (Kazuhiro Shirao)
衣装デザイン 伊藤佐智子 (イトウサチコ)
衣裳/スタイリスト 村島恵子 (ムラシマケイコ)
キャスティング 小林良二 (コバヤシリョウジ)
ライン・プロデューサー 山本起也 (ヤマモトタツヤ)
監督補 杉山嘉一 (スギヤマヨシカズ)
脚本協力 林海象 (Kaizo Hayashi) 山本起也 (ヤマモトタツヤ) 水上竜士 (Ryushi Mizukami)
スチール 渡邊俊夫 (ワタナベトシオ)

■キャスト

俳優名 役名
原田芳雄 (Yoshio Harada)  牧草太郎
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)  看護士長
川津祐介 (カワヅユウスケ)  役者老人
松原智恵子 (Matsubara Chieko)  小町婆さん
三條美紀 (サンジョウミキ)  おなお婆さん
野呂圭介 (ノロケイスケ)  ピーナッツ老人
絵沢萠子 (エザワモエコ)  おりん婆さん
飯島大介 (イイジマダイスケ)  易者老人
牧口元美   質屋老人
真実一路   物理学者老人
中沢青六   板前老人
河村博重 (カワムラヒロシゲ)  能シテ(葛城の神)
あがた森魚 (アガタモリオ) 
小林三四郎 (コバヤシサンシロウ)  日本文化の先生
麿赤兒 (Akaji Maro)  巡礼
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)  浴陽荘院長

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!