映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 死にゆく妻との旅路

9ヶ月間、6000キロ。ある夫婦の壮絶な愛の実話を映画化

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

石川県七尾市で小さな工場を営んでいた清水久典は、11歳年下の妻ひとみと結婚して20年余り。平凡だが幸せな家庭を築いていた。しかし、バブル崩壊とともに工場経営がままならなくなり、4千万円の借金を抱える身に。大腸がんの手術をしたばかりのひとみと娘夫婦のアパートに居候して、ひとり金策に駆け回る。自己破産を渋る久典は、「好きにしたらええ」というひとみの言葉にほだされるように、ワゴン車に乗って妻と二人、旅に出た。



■解説

末期がんの妻をワゴン車に乗せ、9か月もの間日本各地を彷徨い、夫は妻の願いを受け入れ、葬った。そして夫は逮捕された――罪状は「保護責任者遺棄致死」。2000年秋に雑誌「新潮45」に掲載された夫・清水久典氏の手記は大きな反響を呼び、文庫本は15万部を売り上げたという。本作は、272日間、6000キロに及ぶ夫婦の道程を丹念にたどるべく、石川、冨山、鳥取、兵庫、静岡、山梨などを実際に車で移動しながら撮影したという。夫婦役の三浦友和と石田ゆり子が渾身の役作りと繊細な演技で謳いあげた夫婦愛――新聞の片隅に載った小さな事件の裏にある、報道されなかった夫婦の深い愛が、涙とともに静かに観る者の胸に迫ってくる。

  • 2011年2月26日 より ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて

  • 配給:ゴー・シネマ
  • 製作国:日本(2010)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 塙幸成 (ハナワユキナリ)
脚本 山田耕大 (Kota Yamada)
原作 清水久典
エグゼクティブプロデューサー 阿久根裕行 (アクネヒロユキ)
製作 阿久根裕行 (アクネヒロユキ) 青山洋一 (アオヤマヨウイチ)
プロデューサー 朴木浩美
撮影監督 高間賢治 (Kenji Takama)
撮影 高間賢治 (Kenji Takama)
美術 松本知恵 (マツモトチエ)
音楽 岡本定義 (オカモトサダヨシ)
音楽プロデューサー 穂苅太郎 (ホカリタロウ)
録音 山方浩 (ヤマガタヒロシ)
音響効果 佐藤祥子 (サトウショウコ)
照明 上保正道 (ウワボマサミチ)
編集 冨田伸子 (トミタノブコ)
衣装デザイン 宮本まさ江 (Masae Miyamoto)
ヘアメイク 木村友華
アソシエイト・プロデューサー 笠置高弘 (Takahiro Kasaoki) 堀尾星矢
ライン・プロデューサー 鈴木嘉弘 (スズキヨシヒロ)
助監督 土岐洋介

■キャスト

俳優名 役名
三浦友和 (Tomokazu Miura)  清水久典
石田ゆり子 (Ishida Yuriko)  ひとみ
西原亜希 (ニシハラアキ) 
掛田誠 (カケダマコト) 
近童弐吉 (コンドウニキチ) 
黒沼弘己 (クロヌマヒロミ) 
でんでん (Denden) 
松浦祐也 (マツウラユウヤ) 
十貫寺梅軒 (ジュッカンジバイケン) 
田島令子 (タジマレイコ) 
常田富士男 (トキタフジオ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!