映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 続青い山脈

「青い山脈(1957)」の後篇

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

沼田先生の負傷がなおりかけた頃。偽のラブレター事件をめぐって、島崎先生が正しいか、生徒側が正しいかを決める海光女学校のPTA役員会が開かれた。学校の会議室には、校長をはじめPTA会長井口甚蔵、職員役員が集った。その中には梅太郎や、保護者代理になって入りこんだガンチャンの顔もみえた。国漢の岡本先生が問題のラブレターを読みあげた後、両者烈しい論議が展開された。井口の提案で役員による投票により、どちらが正しいかを決めることになった。結果は島崎先生側が八票、生徒側が六票で意外の結果に井口は狼狽した。ところがその時、ガンチャンの資格が問題になって、雪子は窮地に追いこまれた。しかし井口の弱味を握っている梅太郎の逆襲で、島崎先生の勝利は決定的になった。沼田と雪子は喜びに感激的な視線をかわすのだった。



■解説

スタッフ、キャストとも草笛光子を除き前作に同じ。色彩はアグファカラー。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給:-
  • 製作国:日本(1957)
    • ジャンル:
    • ドラマ

■スタッフ

監督 松林宗惠 (Shue Matsubayashi)
脚色 井手俊郎 (イデトシロウ)
原作 石坂洋次郎 (イシザカヨウジロウ)
製作 藤本真澄 (Sanezumi Fujimoto) 金子正且
撮影 小原譲治 (オバラジョウジ)
美術 村木忍 (ムラキシノブ)
音楽 服部良一 (ハットリリョウイチ)
録音 保坂有明
照明 西川鶴三

■キャスト

俳優名 役名
雪村いづみ (ユキムライヅミ)  寺沢新子(女学生)
久保明 (Akira Kubo)  金谷六助(浪人)
司葉子 (Tsukasa Yoko)  島崎先生(英語教師)
宝田明 (Akira Takarada)  沼田玉雄(校医)
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)  富永安吉(大学生)
笹るみ子 (ササルミコ)  笹井和子(女学生)
淡路恵子 (Awaji Keiko)  梅太郎(芸妓)
森啓子 (モリケイコ)  駒子(芸妓)
夏川静江 (ナツカワシズエ)  けい子(新子の母)
二代目水谷八重子 (Yaeko Mizutani)  松山浅子(女学生)
小西瑠美 (コニシルミ)  野田アツ子(女学生)
豊原充子 (トヨハラミツコ)  田村静江(女学生)
畠野世記子   小山文子(女学生)
龍見俊子   南条スミ子(女学生)
十朱久雄 (Hisao Toake)  武田校長
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)  八代教頭
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)  岡本(国漢教師)
田島義文 (タジマヨシブミ)  田中(体操教師)
堺左千夫 (サカイサチオ)  中尾(数学教師)
中北千枝子 (ナカキタチエコ)  小野(国語教師)
一の宮あつ子 (イチノミヤアツコ)  白木(家事教師)
志村喬 (シムラタカシ)  井口甚蔵(P・T・A会長)
土屋詩朗 (ツチヤシロウ)  松山浅右衛門(浅子の父)
浪花千栄子 (ナニワチエコ)  宝屋のお内儀
有島一郎 (アリシマイチロウ)  柳屋の主人
高堂国典 (Kuninori Kodo)  長森老人
佐田豊 (サダユタカ)  チョビひげの男
中村是好 (ナカムラゼコウ)  金谷弥吉(六助の父)
賀原夏子 (カハラナツコ)  妻とく(六助の母)
津山路子 (ツヤマミチコ)  妙子(六助の姉)
馬野都留子 (マノツルコ)  岡本まつ代(岡本の妻)
宇留木耕嗣 (ウルキコウジ)  青年A
渋谷英男 (シブヤヒデオ)  青年B
井上大助 (イノウエダイスケ)  青年C
北野八代子 (キタノヤヨコ)  看護婦
出雲八重子 (イズモヤエコ)  栄屋の婆や
安芸津広 (アキツヒロシ)  小使

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!