映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • さまよう刃('09)

少年犯罪によって奪われた最愛の娘。誰が犯人を裁くのか…。東野圭吾の大ベストセラーを映画化。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

残虐な犯罪を続ける少年犯。彼らは“少年法”に保護されている。最愛の娘が、少年達によって、凌辱され殺された。ある日、謎の密告電話により、失意のどん底に落ちていた父親・長峰重樹は、犯人を知ることになる。「我が国の法律では未成年者に極刑は望めない!」復讐が何も解決しない虚しい行為だと分かっていながら、父親は自ら犯人を追う…。そして、長峰を追う2人の刑事。織部孝史と真野信一。被害者の絶望は、永遠に消えない。そして、少年達は犯した罪と同等の刑を受けることはない。法律を守る。という建前の正義を優先する警察組織に、不条理さを感じる刑事たち。それぞれが苦悩しながら、事件は衝撃の結末に向けて、加速していく…。



■解説

「秘密」で第52回日本推理作家協会賞、「容疑者Xの献身」で第134回直木賞を受賞し、他にも「流星の絆」「手紙」など映画・ドラマ化作品で大ヒットを連発している作家・東野圭吾。そんな東野作品の中でも問題作と位置づけられているベストセラー「さまよう刃」を映画化。主演の長峰役には『半落ち』『博士の愛した数式』などで、世間に強烈なインパクトを与えた寺尾聰。静かに、しかし圧倒的な存在感で演じている。共演は、映画『冷静と情熱のあいだ』やTVドラマ『Tomorrow』『BOSS』などの竹野内豊。警察官として、真の正義と現実の狭間で苦悩する若手刑事・織部孝史を演じる。また、コメディからシリアスな作品まで幅広く活躍している伊東四朗が、ベテラン刑事・真野信一を演じる。監督・脚本は『ひまわり』『きょうのできごと』など数多くの行定勲監督作品のプロデューサーであり、脚本家としても知られる益子昌一。(作品資料より)

  • 2009年10月10日 より 全国にて

  • 配給:東映
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 益子昌一 (マスコショウイチ)
脚本 益子昌一 (マスコショウイチ)
原作 東野圭吾 (ヒガシノケイゴ)
企画 川田直美 柏崎道彦 遠藤茂行 (エンドウシゲユキ)
製作 平城隆司 (ヒラジョウタカシ) 中曽根千治 (ナカソネチハル)
プロデューサー 香月純一 (カヅキジュンイチ) 石田基紀 (イシダモトノリ) 山田暁司 長澤昌子
撮影監督 王敏
美術 福澤裕二 (フクザワユウジ)
音楽 川井憲次 (カワイケンジ)
録音 山方浩 (ヤマガタヒロシ)
照明 三好章誉
編集 三條知生 (サンジョウトモオ)
制作担当 安田邦弘 (ヤスダクニヒロ) 甲斐路直 (カイミチナオ)
助監督 早川喜貴 (ハヤカワヨシキ)
装飾 柴田博英 (シバタ)

■キャスト

俳優名 役名
寺尾聰 (Akira Terao)  長峰重樹
竹野内豊 (Yutaka Takenouchi)  織部孝史
伊東四朗 (Shiro Ito)  真野信一
長谷川初範 (Hatsunori Hasegawa) 
木下ほうか (Hoka Kinoshita) 
池内万作 (Mansaku Ikeuchi) 
岡田亮輔 (オカダリョウスケ)  菅野快児
佐藤貴広 (サトウタカヒロ) 
黒田耕平 (クロダコウヘイ) 
酒井美紀 (Sakai Miki)  木島和佳子
山谷初男 (ヤマヤハツオ) 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!