映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 劇場版 空の境界 〜第七章 殺人考察(後)〜

「劇場版 空の境界」シリーズ、遂に完結!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

4年前の1995年、両儀式と黒桐幹也は出逢う。翌1996年、式は眠りに落ちる。しかし、仄暗く芽生えた思いは、人知れず育まれ続けていた。その2年後の1998年、彼女は目覚め、新たな時を刻みだす。同時に、彼女を得るための思惑も人知れず蠢いて…。そして1999年。彼女をとらえる全ての仕掛けは破錠した、はず、だった。しかし、歯車は狂いだす。4年ぶりに繰り返される通り魔殺人。夜ごと行われる人殺しは、彼女の内に潜む殺人衝動と、もう何処にもいない“織”を否応なく思い出させていた…。



■解説

これは、望まぬままに万物の生の綻び―死線を視る力“直死の魔眼”を得た独りの少女・両儀式の物語。物語を綴るのは、ビジュアルゲームとして爆発的な人気を博しTVアニメ化もされた「月姫」「Fate/stay night」の生みの親、TYPE-MOONのストーリーテラー・奈須きのこ。両作品と世界観を共にするこの小説は、1998年秋、パートナーでもあり原画も手掛ける武内崇との同人サークル「竹箒」HP上にてWeb小説「空の境界線」として掲載。同人小説「空の境界」、ドラマCD化を経て、2004年初夏には講談社ノベルスから一般書籍として出版、各書籍ランキング上位を記録している。(作品資料より)

  • 2009年8月8日 より テアトル新宿ほか全国にて順次公開

  • 配給:アニプレックス
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • アニメーション
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 瀧沢進介
脚本 平松正樹 (ヒラマツ・マサキ)
原作 奈須きのこ (ナス・キノコ)
制作プロデューサー 近藤光 (コンドウヒカル)
キャラクター原案 武内崇 (タケウチタカシ)
アニメキャラクター・デザイン 須藤友徳 (スドウ・トモノリ) 高橋タクロヲ (タカハシ・タクロヲ) 小船井充 (コフネイ・ミツル)
作画監督 須藤友徳 (スドウ・トモノリ) 高橋タクロヲ (タカハシ・タクロヲ) 小船井充 (コフネイ・ミツル)
撮影監督 寺尾優一 (テラオユウイチ) 松田威志
美術監督 衛藤功二 (エトウコウジ)
音楽 梶浦由記 (カジウラユキ)
ライン・プロデューサー 鈴木龍 (スズキ・リュウ)
3D監督 中村慎太郎 (ナカムラシンタロウ)
色彩設計/色指定 千葉絵美 (チバエミ)
音響監督 岩浪美和 (イワナミミワ)
出演(声) 坂本真綾 (サカモトマヤ) 鈴村健一 (スズムラケンイチ) 本田貴子 (ホンダタカコ) 藤村歩 (フジムラ・アユミ) 中田譲治 (ナカダジョウジ) 保志総一朗 (ホシソウイチロウ)

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!