映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ゼロの焦点

戦後の混沌とした社会で起きた犯罪。北陸・金沢の冬を舞台に、松本清張の名作を豪華女優陣で送る推理ドラマ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

見合い結婚で夫・憲一と結婚した禎子。しかし結婚式から七日後に、夫は仕事の引継で勤務地だった金沢に出かけ、そのまま行方不明となる。夫の過去をほとんど知らない禎子は、憲一の足跡をたどって金沢へ。憲一のかつての得意先の社長夫人・室田佐知子、そして社長のコネで入社し受付嬢をしている田沼久子。2人の女性との出会いが事件のさらなる謎を呼ぶ。夫には自分の知らない別の顔があったのだ。やがて新たな殺人事件が起きる。



■解説

小説「ゼロの焦点」は、「点と線」「砂の器」など並ぶ松本清張の代表作で、1961年に一度松竹で野村芳太郎監督、久我美子主演で映画化されているほか、何度かテレビドラマ化もされてもいる。本作は推理ドラマではあるが、戦後ようやく女性の地位が向上していこうとする中、自らの幸せを求めようとする3人の女性の物語でもある。「結婚」に幸せを見出そうとする主人公だが、彼女は夫の過去も、そして今どんな問題を抱えているかも知らなかった。オーソドックスな演出が功を奏し、70年代の「松竹・清張」映画の雰囲気を再現。広末はじめ現代の女優たちも往年の大女優に見えてくるから不思議だ。荒れた北陸の海も印象的だ。

  • 2009年11月14日 より 全国東宝系にて

  • 配給:東宝
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 犬童一心 (イヌドウイッシン)
脚本 犬童一心 (イヌドウイッシン) 中園健司 (ナカゾノケンジ)
原作 松本清張 (マツモトセイチョウ)
製作総指揮 島本雄二 (シマモトユウジ) 島谷能成 (シマタニヨシシゲ)
エグゼクティブプロデューサー 服部洋 (ハットリヒロシ) 白石統一郎 (シライシトウイチロウ) 市川南 (イチカワミナミ) 梅澤道彦 (ウメザワミチヒコ)
企画 雨宮有三郎 (アマミヤユウザブロウ)
企画プロデューサー 大浦俊将 (オオウラヒデマサ)
製作 本間英行 (ホンマヒデユキ)
製作プロデューサー 川田尚広 (カワダナオヒロ)
撮影 蔦井孝洋 (Takahiro Tsutai)
美術 瀬下幸治 (セシモコウジ)
音楽 上野耕路 (ウエノ)
音楽プロデューサー 岩瀬政雄 (Masao Iwase)
録音 志満順一
照明 疋田ヨシタケ (ヒキタヨシタケ)
編集 上野聡一 (ウエノソウイチ)
キャスティングプロデューサー 田中忠雄 (タナカタダオ)
助監督 熊澤誓人 (クマザワチカト)
製作統括 亀山慶二 (カメヤマケイジ) 木下直哉 (キノシタナオヤ) 町田智子 宮路敬久 喜多埜裕明 (Hiroaki Kitano) 石井博之 (イシイヒロユキ) 水野文英 (ミズノフミヒデ) 吉田鏡 (ヨシダカガミ) 久保田修 (クボタオサム) 大宮敏靖 (オオミヤトシハル) 井上義久 (イノウエヨシヒサ) 高田達朗 (タカダタツロウ) 荻谷忠男 (オギヤダダオ) 古田栄昭 戸崎和良 (トザキカズヨシ) 北村一明 (キタムラカズアキ)
プロダクション統括 金澤清美 (カナザワキヨミ)
装飾 遠藤雄一郎 (エンドウユウイチロウ)
VFX 荒木史生 (アラキノリオ)
製作担当 小森日出海

■キャスト

俳優名 役名
広末涼子 (Ryoko Hirosue)  鵜原禎子
中谷美紀 (Miki Nakatani)  室田佐知子
木村多江 (Kimura Tae)  田沼久子
杉本哲太 (Tetta Sugimoto)  鵜原宗太郎
崎本大海 (サキモトヒロミ) 
野間口徹 (ノマグチトオル) 
黒田福美 (クロダフクミ) 
本田博太郎 (Hirotaro Honda) 
西島秀俊 (Hidetoshi Nishijima)  鵜原憲一
鹿賀丈史 (Takeshi Kaga)  室田儀作

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!