映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 僕らのワンダフルデイズ

オヤジバンドの奮闘を描く、涙と笑いの感動作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

「男性、53歳。末期の胆のう癌…」胆石の手術で入院していた藤岡徹は、偶然主治医の言葉を耳にして愕然とする。退院後に妻の章子と共に息子の学園祭に遊びに行った徹は、そこで高校生バンドを見てかつて自分も親友たちと組んでいたバンド“シーラカンズ”を思い出す。「家族に音を残したい」徹のその思いにかつてのバンドメンバーたちも動かされた。そして、メンバーとその家族を巻き込んだ“僕らのすばらしい日々”が始まる…。



■解説

仕事と家族のことに追われている平凡なサラリーマンが、そんな日常の中でもかつての輝きを取り戻そうと奮闘する笑いと涙に溢れた感動作。しかし、本作はよくあるお涙頂戴的な単純な感動作ではない。竹中直人・宅麻伸・斉藤暁・稲垣潤一・段田安則といった個性豊かな俳優陣によって、非常に上質なコメディドラマとしても仕上がっている。劇中の演出も非常にわかり易く、さりとて決してレベルは低くないので観劇後に高い満足感も得られるだろう。音楽アドバイザーを務めた奥田民生による主題歌・劇中歌も注目だ。この不況下の日本で、元気のないオヤジ世代にじんわりと刺激を与えてくれる良作なので、是非家族で劇場に足を運んでもらいたい。

  • 2009年11月7日 より 角川シネマ新宿ほか全国にて

  • 配給:角川映画
  • 製作国:日本(2009)
    • ジャンル:
    • ドラマ
    • |
    • Music/ミュージカル
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 星田良子 (Yoshiko Noshida)
脚本 西村沙月 (ニシムラサツキ) 福田卓郎 (フクダタクロウ)
原作 西村沙月 (ニシムラサツキ)
撮影 葛西誉仁 (カサイヨシヒト)
音楽 窪田ミナ (クボタミナ)
音楽アドバイザー 奥田民生 (オクダタミオ)
主題曲/主題歌 奥田民生 (オクダタミオ)
劇中歌 シーラカンズ (シーラカンズ)
友情出演 塚本高史 (ツカモトタカシ) 田口浩正 (Hiromasa Taguchi) 賀来千香子 (Kaku Chikako)
特別出演 宇崎竜童 (ウザキリュウドウ)

■キャスト

俳優名 役名
竹中直人 (Naoto Takenaka)  藤岡徹/ヴォーカル
宅麻伸 (タクマシン)  山本大樹/ギター
斉藤暁 (Satoru Saito)  渡辺一郎/キーボード
稲垣潤一 (イナガキジュンイチ)  日暮圭/ドラム
段田安則 (Yasunori Danta)  栗田薫/ベース
浅田美代子 (アサダミヨコ)  藤岡章子(藤岡徹の妻)
紺野美沙子 (コンノミサコ)  山本美里(山本大樹の妻)
貫地谷しほり (Kanjiya Sihori)  藤岡和歌子(藤岡徹の娘)
柏原収史 (Shuji Kashiwabara)  湯川英生/山本の部下
田中卓志 (タナカタクシ)  雄太
山根良顕 (ヤマネヨシアキ)  雄太の友人
佐々木すみ江 (ササキスミエ)  栗田恵美子/栗田の母

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!