映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 戦争と平和(1956)

    (原題:War and Peace)
 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

19世紀初頭、帝政ロシアの物語。進歩的な青年ピエール(ヘンリー・フォンダ)はフランス革命精神の象徴としてナポレオンを尊敬し、仏軍モスクワ侵入の噂にも他のロシア国民ほど憎悪を感じられなかった。彼が親しくしているロストフ伯爵家では、長男ニコラス(J・ブレット)の出征に、伯爵(バリー・ジョーンズ)と伯爵夫人も沈んだ面持ちだが、出征はニコラスの恋人で財産を持たないソニヤ(M・ブリット)との仲を割くことにもなるので、夫人にはせめての慰めだった。ピエールの気に入りは娘のナターシャ(オードリー・ヘップバーン)。まだ女学生だが2人は兄妹のように仲が良い。ニコラスの出征を見送ったピエールは道楽者の友人ドロコフのパーティで乱チキ騒ぎ。ベズコフ伯爵の庶子である彼は、上流の人々とつき合えないのだった。だが無二の親友アンドレイ公爵(メル・ファーラー)の知らせで、危篤に陥った父の病床へ急ぐ。アンドレイは最近、妻リーゼ(ミリ・ヴィターレ)との仲が気まずく、早く戦場へ出たいと考えていた。遺言でピエールは広大な領域を受けついだが、臨終に立ち会ったクラーギン公爵は娘のヘレーネ(アニタ・エクバーグ)に彼を誘惑させようと思いつく。アンドレイは妊娠した妻を田舎の邸へ送り戦場へ赴く。厳格な父親はリーゼに気のつまる思いをさせ、内気な娘マリア(アンナ・マリア・フェレロ)は同情しつつ父への遠慮から沈黙を守っていた。ロシア軍は戦線に到着、ナターシャが将兵の奮戦ぶりを夢みている頃、ピエールはヘレーネとの結婚準備に忙殺されていた。アンドレイは総司令官クツゾフ将軍(オスカー・ホモルカ)の幕僚としてチェコの小村アウステルリッツに出陣。結果は敗戦に終わり、ニコラスは辛うじて逃げ帰り、アンドレイは負傷する。休戦条約が結ばれ、将兵はモスクワへ戻る。リーゼはお産で死に、アンドレイは一変して気難しい人間になってきた。一方、派手好きのヘレーネはドロコフを誘惑、ピエールは決闘で彼を傷つけた上、妻と別れた。ピエールはナターシャの姿を見ることだけを慰めとしていたが彼女はアンドレイと愛し合うようになった。だがアンドレイの父の反対で結婚出来ぬまま旅立つアンドレイを見送ったナターシャは、オペラでヘレーネの兄アナトール(ヴィットリオ・ガスマン)に言い寄られ、駆け落ちをすすめられる。ソニヤの知らせでピエールは彼を追い払うがアナトールを諦め得ないナターシャに、アンドレイは再び憂鬱な人間となる。休戦も終わり、ボロディノの決戦でアナトールは戦死、アンドレイは重傷を負い、今は自らの過ちを知って戦場に立ったピエールも負傷した。クツゾフの焦土戦術でロストフ家の人々もモスクワを去り、1人残ってナポレオンを刺そうとしたピエールも実行出来ぬまま仏軍の捕虜となる。アンドレイはナターシャに抱かれつつ絶命し、恋を諦めたソニヤの計らいでニコラスは、アンドレイの子供を引き取っていたマリアと結ばれる。獄中でピエールは信仰あつい農民プラトン(ジョン・ミルズ)を知る。ナポレオンのモスクワ撤退の際、プラトンは射殺されるがドロコフ指揮のコサック騎兵にピエールは救われた。11月も末、ナポレオンは完敗してパリへ逃げ戻った。モスクワに帰ったピエールの訪れた荒廃したロストフ邸では、いまは大人になったナターシャが彼を待っていた。



■解説

露の文豪レオ・トルストイの不朽の名作“戦争と平和”の映画化である。伊のポンティ=デ・ラウレンティイス・プロの作品。製作は「ユリシーズ」のディノ・デ・ラウレンティス。脚色はブリジット・ボーランド、ロバート・ウェスタービーに伊のマリオ・カメリーニとエンニオ・デ・コンチーニさらに監督のキング・ヴィダーと5名が協力し、「星のない男」のヴィダーが監督している。協力監督は「河の女」のマリオ・ソルダーティ、撮影は英のジャック・カーディフと伊のアルド・トンティの共同。編曲は「平和に生きる」のニーノ・ロータ、音楽監督はフランコ・フェラーラ。出演は「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘップバーン、「ミスタア・ロバーツ」のヘンリー・フォンダ、「美しのロザリンダ」のメル・ファーラーを中心に、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「ホブスンの婿選び」のジョン・ミルズ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロム「地獄の翼」のアニタ・エクバーグ、「ガラスの靴」のバリー・ジョーンズ、「エディ・フォイ物語」のミリ・ヴィターレ、「貴女は若すぎる」のアンナ・マリア・フェレロ、「水爆持逃げ道中」のオスカー・ホモルカなど。

  • 1956年12月5日 より

  • 配給:パラマウント
  • 製作国:アメリカ(1956)

■スタッフ

監督 キング・ヴィダー (King Vidor)
脚本 エンニオ・デ・コンチーニ (Ennio De Concini)
脚色 ブリジット・ボランド (Bridget Boland) ロバート・ウェスタービー (Robert Westerby) キング・ヴィダー (King Vidor) マリオ・カメリーニ (Mario Camerini) イーヴォ・ペリッリ (Ivo Perilli)
原作 レオ・トルストイ (Leo Tolstoy)
製作 ディノ・デ・ラウレンティス (Dino De Laurentiis)
撮影 ジャック・カーディフ (Jack Cardiff) アルド・トンティ (Aldo Tonti)
音楽監督 フランコ・フェルラーラ (Franco Ferrara)
作曲 ニーノ・ロータ (Nino Rota)
監督助手 マリオ・ソルダーティ (Mario Soldati)

■キャスト

俳優名 役名
オードリー・ヘップバーン (Audrey Hepburn)  Natasha_Rostov
ヘンリー・フォンダ (Henry Fonda)  Perre_Bezukhov
メル・フェラー (Mel Ferrer)  Andrey
ヴィットリオ・ガスマン (Vittorio Gassman)  Anatole_Kuragin
ジョン・ミルズ (John Mills)  Platon_Karatsev
ハーバート・ロム (Herbert Lom)  Napoleon
オスカー・ホモルカ (Oscar Homolka)  General Kutuzov
アニタ・エクバーグ (Anita Ekberg)  Helene
ヘルムート・ダンティーン (Helmut Dantine)  Dokokhv
バリー・ジョーンズ (Barry Jones)  Count Nicholas_Rostov
アンナ・マリア・フェルレーロ (Anna Maria Ferrero)  Maria_Bolkonsky
ミリー・ヴィターレ (Milly Vitale)  Lise_Bolkonsky
ジェレミー・ブレット (Jeremy Brett)  Nicholas_Rostov
ウィルフレッド・ローソン (Wilfred Lawson)  Prince_Bolkonsky
マイ・ブリット (May Britt)  Sonya Rostov

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!