映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 96時間

  • PG-12

アクションと“父の愛”―リーアム・ニーソンの父性がパリで爆走!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

17歳になったばかりのキムが、友だちと初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。まさに誘拐される瞬間にキムと携帯電話で話していた父親のブライアンは、自らの手で犯人たちを地獄の果てまで追い詰め、娘を奪還しようと決意し、単身パリに乗り込む。誘拐犯はアルバニア系の人身売買組織だと判明。政府の秘密工作員として活動してきた経験を生かし、単独で捜査を開始する。



■解説

『トランスポーター』シリーズなどのヒットメイカー、リュック・ベッソンが製作を務めた本格アクション・スリラー。96時間というタイムリミットの中、愛娘を誘拐された父親が誰の助けも借りず、たった一人で人身売買組織からの奪還を試みる。元工作員というアクション・ヒーローとしても、娘を思う父親としても、説得力のある存在の名優リーアム・ニーソンが重厚な演技を見せている。激しいカーチェイスや銃撃戦、そしてマーシャルアーツなど、ノンストップで繰り広げられるアクションは言わずもがな。様式化されたロケ地を敢えて避け、「それでもパリだとわかる、パリらしい場所」(ピエール・モレル監督談)というパリの風景にも注目したい。

  • 2009年8月22日 より TOHOシネマズ有楽座ほか全国にて

  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 製作国:フランス=アメリカ(2009)
    • ジャンル:
    • アクション
    • |
    • スリラー/サスペンス
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 ピエール・モレル (Pierre Morel)
脚本 リュック・ベッソン (Luc Besson) ロバート・マーク・ケイメン (Robert Mark Kamen)
エグゼクティブプロデューサー ディディエ・オアロ (Didier Hoarau)
製作 リュック・ベッソン (Luc Besson)
撮影 ミシェル・アブラモヴィッチ (Michel Abramowicz)
プロダクション・デザイン ユーグ・ティサンディエ (Hugues Tissandier)
音楽 ナサニエル・メカリー (Nathaniel Mechaly)
編集 フレデリック・トラヴァル (Frederic Thoraval)
衣装デザイン オリヴィエ・ベリオ (Olivier Beriot)
キャスティング ファーン・カッセル (Ferne Cassel) ナタリー・シュロン (Nathalie Cheron)
ライン・プロデューサー フランク・ル=ブルトン (Franck Lebreton) マイケル・マンデヴィル (Michael Mandaville)

■キャスト

俳優名 役名
リーアム・ニーソン (Liam Neeson)  Bryan Mills
ファムケ・ヤンセン (Famke Janssen)  Lenore
マギー・グレイス (Maggie Grace)  Kim
リーランド・オーサー (Leland Orser)  Sam
ホリー・ヴァランス (Holly Valance)  Sheerah
ケイティ・キャシディ (Katie Cassidy)  Amanda
ザンダー・バークレー (Xander Berkeley)  Stuart
ニコラス・ジロー (Nicolas Giraud)  Peter
ジョン・グリース (Jon Gries)  Casey
カミーユ・ジャピィ (Camille Japy)  Isabelle
マイケル・フラッシュ (Michel Flash)  Gio

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!