映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • The Harimaya Bridge はりまや橋

国境を越える家族愛を描いた、みずみずしい感動作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

サンフランシスコに住む写真家ダニエル・ホルダーは、一人息子ミッキーを手塩にかけて育ててきた。しかしミッキーはアメリカを飛び出し、日本の高知県に英語教師として赴任、画家としての才能も発揮していた。その矢先、彼は交通事故で命を落としてしまう。ダニエルには、自分の父を太平洋戦争で失った過去があった。日本への偏見と嫌悪感を持ちながらも自らを奮い立たせ、息子の絵画を持ち帰る決意で、単身高知へ向かう…。



■解説

『リーサル・ウェポン』シリーズや、近作『ブラインドネス』などでその存在感を見せつけるハリウッドの名優、ダニー・グローヴァーがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた本作。彼がその才能を発掘した気鋭の若手映像作家、アロン・ウルフォーク監督が、自らの脚本を基に作り上げた。舞台の大半は四国・高知。ウルフォーク監督は英語教師として高知で暮らした経験があるとのことで、主人公の息子のキャラクターには監督自身の想いが込められていることは間違いないだろう。日本に対して偏見を持つ主人公の眼に映る「外国人から見た日本」が、やがて、人間の優しさ、温かさに触れて変化していくさまが感動を呼ぶ。

  • 2009年6月13日 より 新宿バルト9ほか全国にて

  • 配給:ティ・ジョイ
  • 製作国:日本=アメリカ=韓国(2009)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 アロン・ウルフォーク (Aaron Woolfolk)
脚本 アロン・ウルフォーク (Aaron Woolfolk)
エグゼクティブプロデューサー ダニー・グローヴァー (Danny Glover) 與田尚志 金・ウィジュン
プロデューサー コウ・モリ (Ko Mori) アロン・ウルフォーク (Aaron Woolfolk)
共同プロデューサー 木村立哉 (キムラタツヤ) 紀伊宗之 (キイムネユキ)
撮影監督 中堀正夫
撮影 ブラッドリー・ストンサイファー (ブラッドリー・ストンサイファー)
美術 田口貴久 アダム・グレイ (Adam Gray)
音楽 丸山和範 (マルタマカズノリ)
録音 高田林 デイヴィッド・シルバーバーグ (David Silberberg)
照明 武山弘道 (タケヤマヒロミチ)
編集 ジョン・コニグリオ (John Coniglio)
ポスト・プロダクション・スーパーバイザー 西村敬喜 (ニシムラアキヨシ)
ライン・プロデューサー 中林千賀子 (ナカバヤシチカコ) ティム・ハームス (Tim Harms)

■キャスト

俳優名 役名
ベン・ギロリ (Bennet Guillory)  Daniel Holder
高岡早紀 (Takaoka Saki)  Noriko Kubo
清水美砂 (シミズミサ)  Yuiko Hara
ダニー・グローヴァー (Danny Glover)  Joseph Holder
misono (ミソノ)  Saita Nakayama
石橋穂乃香 (イシバシホノカ)  Emi Osaki
ヴィクター・グラント (Victor Grant)  Mickey Holder
アーダ・ウルフォーク (A'da Woolfolk)  Lindsey Holder
白石美帆 (Shiraishi Miho)  Kayo Takeuchi
浜田晃 (Akira Hamada)  Principal Shimura
織本順吉 (Junkichi Orimoto)  Tomoki Shide
ピーター・コヨーテ (Peter Coyote)  Albert Tunney
山崎一 (Hajime Yamazaki)  Kunji Inoue
北見敏之 (キタミトシユキ)  Mr. Kubo
柏木由紀子 (カシワギユキコ)  Ms. Kubo

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!